国学院大・古江空知主将、3連覇に向けて50m5.9秒の快足を飛ばす

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

国学院大が今年の練習を終えた。新主将の古江空知選手は、東都リーグ3連覇を力強く語った。

スポンサーリンク

外野手として実績は少なく

国学院大は12月15日に古江空知選手の来年の新主将を発表した。古江選手は大分商時代に投手として140キロを記録する球を投げていたが、大学では2年生までにリーグ戦の出場ができなかった。

50m5.9秒の足があり、今年春から外野手に転向をする。そして9月27日の駒大1回戦で代走としてリーグ戦に初出場をした。実績が少ない中で新主将に選ばれ、人望の厚さが伺えるが、「足を絡めたり、小技だったり、チームのためになるような仕事が出来るようにしたい」と話す。

その古江選手が主将になる国学院大は、今年は春・秋の東都リーグの連覇を達成した。山本ダンテ武蔵選手、川村啓真選手、瀬戸成一郎選手に、捕手の福永奨選手が中心となり、圧倒的な打力を誇っての連覇だった。来年はこれらの選手たちが抜け、スタイルも大きく変わったチームになる可能性もある。

古江選手はまずスタメンに名を連ねることを目指す。そして主将として3連覇を目指すが、「ひとりの人として、そしてチームでの取り組み。全てにおいて日本一を目指し、取るべくして日本一を取りたい」と今年とれなかった日本一を目指す。

国学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】 国学院大の新主将・古江空知がリーグ戦3連覇と日本一を誓う
 東都大学リーグで春秋連覇を果たした国学院大は23日、神奈川・横浜市の同校グラウンドで年内最後の練習を行った。

個人としては、9月27日の駒大1回戦で代走としてリーグ戦初出場。現在はライトのポジションで練習に励んでいる。「足を絡めたり、小技だったり、チームのためになるような仕事が出来るようにしたい」と古江。故郷の大分で開催される来春のリーグ戦の開幕戦で、スタメンに名を連ねることが当面の目標だ。

国学院大・古江空知「偶然だけどすごい」新主将就任し地元大分で来季開幕節 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東都大学野球の国学院大・古江空知(そらち)新主将(3年=大分商)が、故郷に錦を飾る。23日、横浜市内のグラウンドで年内最後の練習を行った。今年、チームは初めて… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

投手として入学したが、50メートル走5秒9の足を生かすため今春リーグ戦後に外野手に転向。秋季リーグでは主に代走としてベンチ入りした。今オフは打撃力向上のためバットを振り込む。

国学院大練習納めで、古江新主将がリーグ戦3連覇に全力誓う/東都
東都大学野球の国学院大は23日、横浜市青葉区のグラウンドで今年の練習を終了した。春秋リーグ戦連覇を部の歴史に刻み、来春(2022年4月2日開幕)は3連覇がかかる…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント