155キロ右腕、青森大の長谷川稜佑投手がJFE東日本へ

社会人野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

青森大で最速155キロの速球を投げて注目された長谷川稜佑投手が、JFE東日本に内定したことがわかった。2年後にドラフト1位でのプロ入りを目指す。

スポンサーリンク

2年後にドラフト1位で

長谷川稜佑投手は最速155キロの速球を投げ、多彩な変化球も投げる投手として、今年のドラフト会議で指名が注目される選手だった。この秋のリーグ戦では優勝をかけた富士大とのプレーオフで、6回からリリーフで登板し、4回1安打7奪三振無失点と圧巻の投球をみせていた。

ドラフト会議での指名の可能性が高いと見られていたが、会議で指名されることはなく、驚きの声もあがっていた。しかし、「ドラフト1位でプロにいくということをドラフト当日に言ったので、実現するためには1年目から主力として投げなければいけない」と、すでに2年後に視線を向けている。

その長谷川投手は、JFE東日本へ進む。落合監督とは「160キロを出してドラフト1位でいこうという話をした」と、160キロの目標とともに、「1年目から試合で投げることは大切だと思うが、落合監督に感謝の思いを持ちながら活躍してチームに貢献したい」とチームへの貢献を目標とした。

千葉で自慢の速球を磨き、社会人で160キロを達成し、2023年のドラフト会議では1位で指名されたい。期待は大きい。

2021年のドラフト会議、主な指名漏れ選手
2021年のドラフト会議が終了しました。主な指名漏れ選手をまとめます。
JFE東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
青森大・長谷川稜佑JFE東日本入社内定 160キロ&ドラフト1位つかむ - アマ野球 : 日刊スポーツ
“160キロとドラ1”をつかむ。北東北大学野球の青森大・長谷川稜佑投手(4年=足立学園)が、社会人野球のJFE東日本(千葉市)へ入社が内定したことが22日、分… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

今秋のドラフト会議で指名漏れ。だが、落ち込んではいない。「(2年後に)ドラフト1位でプロにいくということをドラフト当日に言ったので、実現するためには1年目から主力として投げなければいけない」と熱を込めた。「(落合監督と)160キロを出してドラフト1位で(プロに)いこうという話をした」。北国・青森で成長した剛腕が、激戦区の関東でさらに磨きをかけて夢を実現する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント