鳥取城北の畑中未来翔選手が日本大の練習に参加

2025年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

鳥取城北で注目された畑中未来翔選手が、入学する日本大の練習に初参加した。

スポンサーリンク

いつか同じ舞台に

日本大の野球部に入部予定の39名のうち、鳥取城北の畑中未来翔選手など8人が寮に入り、1月30日に大学の練習に参加した。

午前中は先輩と一緒にラン中心のメニューをこなすと、午後からは紅白戦を見学し、「高校と全然違う。迫力があってビックリ。大人の野球を見ているようでした」と話した。

畑中選手は1年時よりフルスイングが注目され、いつしか鳥取NO.1打者と評価され、その長打力だけでなく、50m6.1秒の足と強肩も注目されるようになった。

2年春のセンバツに出場を決めていたが、新型コロナのために大会が中止となり、夏に行われた甲子園交流試合に出場、1番打者として5打数3安打2得点の活躍を見せた。また、昨年春のセンバツにも出場し、初戦の三島南戦で3打数1安打2打点だった。2回戦は優勝した東海大相模と対戦し0−1の接戦となったが、4打数1安打だった。

このセンバツで対戦した三島南の前田銀治選手が東北楽天に3位で指名され、東海大相模の石田隼都投手が巨人の4位で指名された。特に同じ外野手の前田選手がドラフト会議で指名されたときは、「同じ舞台で戦っていた選手がプロに。悔しかった。」と話す。

「自分もいつか同じ舞台に立ちたい」と話し、日大進学を決めた。「日大は足を使った野球をしている。もっと盗塁の技術を磨いていきたい」と外野手として3拍子揃っている所を活かす。「これから大学でしっかり鍛えて、社会人、プロを目指せるように、取り組んでいきたい」と目標を設定し、4年間の大学野球をスタートさせた。

日本大の野球部入部予定者(2022)、関東第一・市川祐投手、札幌日大・前川佳央投手など39人が入部
日本大は2022年に野球部に入部予定の選手を発表した。選手の特徴などを紹介します。
日大新入生入寮開始、昨春センバツ出場の畑中未来翔「迫力ある」練習に驚き - アマ野球 : 日刊スポーツ
東都大学野球の日大は、29日から22年度の新入生の入寮を開始。39人のうち、昨春センバツ出場の鳥取城北の畑中未来翔(みくと)外野手ら8人が入寮し、30日から練… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

心に秘めた夢がある。昨春のセンバツ、初戦で三島南(静岡)と対戦。1安打2打点と活躍し6-2で勝利。2回戦進出を果たした。昨秋のドラフトで、三島南・前田銀治外野手が楽天にドラフト3位で指名された報道を見て、闘志が沸いた。「同じ舞台で戦っていた選手がプロに。悔しかった。自分もいつか同じ舞台に立ちたい」と目標に掲げた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント