立教大・荘司康誠投手が151キロ、5回1失点投球にソフトバンクスカウトが評価

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース

立教大のドラフト注目・荘司康誠投手が、JR東日本とのオープン戦で先発し、最速151キロを記録、5回4奪三振1失点に抑えた。この試合には4球団のスカウトが視察をしている。

スポンサーリンク

田中正義のようなタイプ

荘司康誠投手は188cm90kgの大型右腕投手で、昨年春のリーグ戦で初めて登板をすると、秋は先発として5試合に登板し、140キロ後半の力のある球を投げて注目された。

この日はJR東日本とのオープン戦で先発すると、この時期で最速151キロを記録した。ストレートを中心にカットボール、スプリットを投げ、5回3安打4奪三振1失点と好投した。

「右足にウエートを長く感じるようにして、体を開かずに投げるように変えて安定してきた。まだ5回はバランスが悪くなって修正できなかったので、そこを何とかしたい」と話し、5回に3四死球と1安打で1失点した投球を反省した。

この日は4球団のスカウトが視察し、福岡ソフトバンクの宮田スカウトは「昨年秋から注目していて、きょうも140キロ台後半の真っすぐが投げられている。」と評価し、「ウチの田中の大学時代のようなタイプかな」と、2016年にドラフト注目投手としてドラフト1位指名した田中正義投手と比較した。

まだ実績だけが少ない投手で、今年春で評価が一変するかもしれない荘司投手、今年が非常に楽しみだ。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
立教大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
立大の最速151キロ右腕・荘司康誠はJR東日本戦で5回1失点
(社会人・大学野球オープン戦、JR東日本4-0立大、13日、立大グラウンド)立大の最速151キロ右腕・荘司康誠投手(3年、新潟明訓)が先発し、5回3安打4四死球…

この日は4球団が視察。ソフトバンク・宮田スカウトは「昨年秋から注目していて、きょうも140キロ台後半の真っすぐが投げられている。ウチの田中(正義投手、2016年ドラフト1位指名)の大学時代のようなタイプかな」と見ていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント