上武大・加藤泰靖投手に3球団視察、4月9日リーグ戦開幕に向けて2回無失点

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

上武大が創価大とオープン戦を行い、最速153キロ右腕の加藤泰靖投手が先発、2回を投げて無失点に抑えた。

スポンサーリンク

148キロ

来週4月9日の開幕に向けて2回で降板したが、最速は148キロを記録したほか、「真っすぐのほかにカーブ、カットボール、スライダーにツーシームも試した」と新たに習得した変化球も試しながら、2回1安打1奪三振無失点で投げ終えた。

加藤投手は184cm86kgの体から最速153キロの速球を投げ、変化球もしっかりと投げられる右腕投手としてプロから注目されており、この日も3球団のスカウトが視察に訪れた。

来週からのリーグ戦での投球が注目される。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
上武大の右腕・加藤泰靖が創価大とのオープン戦に「ツーシームも試した」
上武大(関甲新)は31日、群馬県伊勢崎市のグラウンドで創価大(東京新大学)とオープン戦を行い、9-8で勝利した。最速153キロでプロから注目される上武大の右腕・…

184センチ、86キロの体から直球の最速で148キロを計測したこの日、3球団が視察したが、開幕日は、さらに注目されることになる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント