日大・中尾勇介選手がサヨナラ弾、中日スカウト「能力の高さがある」

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

東都大学リーグ、日大vs駒大の試合は9回裏、プロ注目の外野手・中尾勇介選手のサヨナラ3ランホームランで決着した。

スポンサーリンク

サヨナラ弾

中尾勇介は4−4で迎えた9回、2アウト1、2塁の場面で打席に入ると、低めのスライダをレフトスタンドに放り込んだ。サヨナラ3ランホームランとなった。「記憶がないです。本塁打という最高の形になって自分でもびっくりしています」と、打った後は興奮で記憶がないと話した。

中尾選手は50m5.9秒の俊足外野手としてプロも注目しているが、この日の一発には視察した中日の正津スカウトも「能力の高さがありますよね。」と話した。そして足と外野の守備範囲については「それがもう、彼の持ち味でしょう」と評価した。

俊足の外野手だが、山梨学院高では2年夏と3年夏に甲子園に出場し、3年夏は大会通算1600号となる満塁ホームランを放っている。この日のサヨナラ弾も含めて、パンチ力があるだけでなく、何かを持っているのを感じる。

パンチ力のある1番センターとしてプロの視線も熱くなりそうだ。

2022年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【東都大学野球】日大が駒大を下し今季初勝利 中尾勇介「自分でもびっくり」人生初のサヨナラ弾 - アマ野球 : 日刊スポーツ
日大が中尾勇介外野手(4年=山梨学院)のサヨナラ3ランで駒大を下し、今季初白星を挙げた。4-4と同点で迎えた9回2死一、二塁。6番で打席に入ると、駒大4番手右… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
日大・中尾「びっくり」人生初サヨナラ弾 チームの今季初星決めた/デイリースポーツ online
 「東都大学野球、日大7-4駒大」(12日、神宮球場) 1回戦3試合が行われ、日大が駒大にサヨナラ勝ちした。6番・中尾勇介外野手(4年・山梨学院)が人生初のサヨナラ本塁打となる左越え3ラン。接戦を制し、今季初勝利を飾った。亜大はエースの青山美夏人投手(4年・横浜隼人)が国学院大相手に9回8安打1失点と粘投。2試合連続の...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント