関学大・佐藤太紀選手がプロ志望届提出へ、独立リーグプレーも視野

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース プロ志望

阪神・佐藤輝明選手の弟で、関西学院大4年の佐藤太紀選手が、プロ志望届を提出することがわかった。

スポンサーリンク

やれる所まで

佐藤太紀選手は187cm98kgの大型内野手で、高校時代から恵まれた体からの長打が注目されていた。

今年の春にリーグ戦初出場を果たすと、6試合で6打数1安打、まだまだ実績は少ないが、本荘監督の勧めもあり、「やれるところまでやってみたい。」とNPBや独立リーグでプレーする意思を固めプロ志望届を提出する。

この秋も代打での出場ということになりそうだが、できる限りアピールをしたい。「とにかく結果を出すしか無い」と意気込みを見せている。

2022年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】阪神・佐藤輝明の弟の関学大・佐藤太紀、プロ志望届を提出へ NPBと独立リーグ両方を視野
 阪神・佐藤輝明内野手(23)の弟で、関学大の太紀内野手(4年)がプロ志望届を提出することが3日、分かった。NPBと独立リーグの両方を視野に入れる。かねてプロ入り希望で「やれるところまでやってみたい。

NPBと独立リーグの両方を視野に入れる。かねてプロ入り希望で「やれるところまでやってみたい。(兄の影響は)少なからずあると思う」と本荘雅章監督(51)の勧めもあり、新たなステージに挑戦することを決めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント