No Image
高校生のプロ志望届提出選手一覧と、その選手の特徴や簡単な紹介です。10月3日は5名が追加され、合計139名になりました。締め切りは本日(10月3日)ですが、明日も追加掲載される場合があります。

No Image
大学生のプロ志望届提出選手一覧と、その選手の特徴を簡単に紹介します。10月4日に1名が掲載され、合計108名となりました。締め切りは10月3日までです。

佐々木朗希, 大船渡高

No Image
今年のドラフトの目玉、大船渡の佐々木朗希投手が会見を行い、あらためて国内プロ野球入りの希望を表明し、12球団OKの姿勢を示した。

星稜高, 山瀬慎之助

この日、高校の最後の公式戦となった星稜の山瀬慎之助捕手、試合後にプロ志望を表明した。巨人の指名が有力視されている。

星稜高, 奥川恭伸

国体に出場した星稜高校、エースでプロ注目の154キロ右腕・奥川恭伸投手が久々の星稜のユニフォームでプレーし、最速150キロのストレートを投げ込んだ。

大阪商業大, 小野寺暖

No Image
大商大はこの日、プロ注目の外野手・小野寺暖選手が1-3と劣勢の8回に、起死回生の同点2ランホームランを放ち、その後、タイブレークで勝利してリーグ連勝記録を23に伸ばした。

林優樹, 森敬斗, 水上桂

No Image
U18ワールドカップを戦った選手たち、大会後に希望進路について各紙が調査をしていたが、そこで希望進路をプロとしていなかった3選手がこの日、プロ志望届を提出した。

旭川大高, 持丸泰輝

No Image
甲子園でも素晴らしい打撃を見せた旭川大高の持丸泰輝捕手が、プロ志望届を提出したことが分かった。

桐蔭学園, 森敬斗

No Image
U18W杯で1番バッターとして活躍し、進路の決断が注目されていた桐蔭学園の森敬斗選手が、プロ志望届を提出することが分かった。

井上広輝, 石川昂弥, 韮澤雄也, 井上広大

No Image
高校生プロ志望届は、侍ジャパンU18代表で3番を打った花咲徳栄の韮澤雄也選手と4番を打った東邦の石川昂弥選手が9月20日にそろってプロ志望届を提出した。また甲子園を賑わせた日大三の井上広輝投手、履正社の井上広大選手もプロ志望届を提出した。

スポンサーリンク
PAGE TOP