147キロ左腕・宮崎颯投手に6球団視察も1回持たず降板

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

東都大学リーグ2部では、東京農業大の147キロ左腕・宮崎颯投手が先発したが、2回と持たずに2失点し降板した。この試合には6球団のスカウトが視察に訪れていた。

スポンサーリンク

プロ志望届提出予定

宮崎颯投手は埼玉栄出身の左腕投手で、最速147キロの威力ある球を投げる。プロも注目しており、プロ志望届を提出する予定だ。

その宮崎投手は今季初登板をしたが、初回に2安打1四球で2失点し、2/3回で降板してしまった。最速は141キロ、「不甲斐ない結果で悔しい。チームに申し訳ない」と話した。

春も本調子ではなくリーグ戦はわずか2試合の登板に終わり、この日は6球団のスカウトが視察に訪れていたが、悪くても粘って抑えるような投球を見せたかった所だったものの、厳しい投球内容になってしまった。

2022年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラフト候補左腕の東農大・宮崎颯「悔しい」今季初先発で0回2/3を2安打1四球2失点で降板 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東農大は東洋大に敗れ、開幕カードの勝ち点を落とした。今秋ドラフト候補で最速147キロ左腕・宮崎颯投手(4年=埼玉栄)は、今季初先発で0回2/3を2安打1四球2… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

来月20日にドラフト会議を控え、志望届も提出する予定。学生野球ラストシーズンの今季に向けては「チームを勝たせられる投手になりたいです」と、個人ではなく、チームの結果を最優先する。

最速147キロ左腕の東農大・宮崎が一回2死で降板「ふがいない結果で悔しい」/東都2部
東都大学野球2部秋季リーグ第1週第2日(東洋大7-0東農大、7日、神宮)最速147キロ左腕の東農大・宮崎颯(はやと)投手(4年、埼玉栄高)が先発し、一回2死で降…

東都大学野球2部秋季リーグ第1週第2日(東洋大7-0東農大、7日、神宮)最速147キロ左腕の東農大・宮崎颯(はやと)投手(4年、埼玉栄高)が先発し、一回2死で降板した。打者6人に25球を投げて2安打2失点。この日の最速は141キロだった。

「ふがいない結果で悔しいです。チームに申し訳ないです…」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント