横浜商大・鷲田亮太選手が1番で活躍、プロ志望届提出予定

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース プロ志望

神奈川大学リーグでは、横浜商大の俊足外野手・鷲田亮太選手が1番センターで出場し、持ち前の足を生かしたプレーを見せた。プロ志望届を提出する予定。

スポンサーリンク

50m6.0秒

鷲田亮太選手は50m6.0秒の俊足外野手で、センターでも広い守備範囲を誇るドラフト候補。この日は1番センターで出場すると、初回に投手前の内野安打で出塁し、相手悪送球で二塁に進んで、その後、先制のホームを踏んだ。

7回に両足のふくらはぎがつり交代したが、5−0で初回の得点が効いて勝利した。「チームがいいスタートを切れたので良かった。勝ちにつながるプレーをしたい」と話した。

鷲田選手は昨年12月に行われた侍ジャパン大学代表候補合宿にも招集されているが、これからプロ志望届を提出するという。

2022年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-神奈川大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラフト候補の横浜商大・鷲田亮太、俊足生かし先制ホーム「チームがいいスタート切れた」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
今秋ドラフト候補の横浜商大・鷲田亮太外野手(4年=八王子実践)が、持ち味の俊足を見せた。「1番中堅」でスタメン出場し、初回に投前への内野安打。50メートル6秒… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

今秋ドラフト候補の横浜商大・鷲田亮太外野手(4年=八王子実践)が、持ち味の俊足を見せた。「1番中堅」でスタメン出場し、初回に投前への内野安打。50メートル6秒0の足を生かし、悪送球の間に二塁へ。その後、先制のホームを踏んだ。暑さから両足のふくらはぎをつって7回で交代。プロ志望届を提出する予定で「チームがいいスタートを切れたので良かった。勝ちにつながるプレーをしたい」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント