スポーツ報知がドラフト注目選手を紹介

高校野球ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

スポーツ報知は、10月20日のドラフト会議に向けて、ドラフト候補選手の特集をしている。大学生の蛭間拓哉選手、山田健太選手、曽谷龍平投手、菊地吏玖投手の4人を中心に大きく取り上げた。

スポンサーリンク

高校生、社会人も

ドラフト会議で毎年中心となる大学生の候補として、早稲田大の蛭間拓哉選手はリーグ通算12本塁打、立教大の山田健太選手は1年春の途中から4番を任され、大阪桐蔭の黄金世代の一人と紹介し、白鴎大・曽谷龍平投手は春にノーヒットノーランを達成し明桜高校で同学年だった千葉ロッテの山口選手と連絡を取り合っているという。また専修大の菊地吏玖投手も大学で土台を固めて152キロを記録し、「プロで活躍するために練習している」と話している。

高校生では高松商の浅野翔吾選手、近江の山田陽翔投手の他、捕手が豊作とし大阪桐蔭の松尾汐恩選手と九州国際大付の野田海斗選手に触れている。社会人では東芝・吉村貢司郎投手と東京ガスの益田武尚投手の2人の注目度が高いとした。

ドラフト注目選手として投手30人、捕手6人、内野手10人、外野手8人の一覧も掲載しており、後ほど、2022年ドラフト候補一覧のページに反映させる。

2022年ドラフト候補一覧
2022年のドラフト候補選手一覧です。 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価もご覧ください。

20日ドラフト注目の即戦力大学生 ー スポーツ報知紙面

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント