明星大の154キロ右腕・松井颯投手に巨人・楽天・ソフトバンクなど視察

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

首都大学リーグ2部では、明星大の154キロ右腕・松井颯投手に、巨人、東北楽天、福岡ソフトバンクなど複数球団のスカウトが視察をした。

スポンサーリンク

7回1失点

日本ウェルネススポーツ大戦で先発した松井颯投手は、7回を投げて4安打1失点と好投したものの、「ストレートが高めに浮いて球数が多くなって最後まで投げきれなかった」と、途中で降板したことや結果として1−1の引き分けに終わったことに反省の言葉が並んだ。

しかし、6回までは力強いストレートと変化球で、ランナーを背負いながらも無失点に抑えるなど持っている力は見せた。最速は150キロを記録した。

松井投手は花咲徳栄時代に北海道日本ハムの野村佑希選手などと夏の甲子園出場を果たし、プロ入りを目指していたが、「高校でなれないなと思って一度あきらめかけた」と話す。しかし、岩井監督に「まだ限界じゃない」と言葉をかけられると、大学でもう一度プロを目指し、141キロだった球速が154キロまで大きく伸びた。

プロ志望届を提出しており、この日は巨人、東北楽天、福岡ソフトバンクなど複数球団が視察をしている。スライダーなど変化球も良い実戦派の投手で、ドラフト会議での指名が注目される。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
明星大 最速154キロ右腕を巨人など複数球団が視察 松井が7回1失点/デイリースポーツ online
 「首都大学野球2部、明星大1-1日本ウェルネススポーツ大」(1日、越谷市民球場) 明星大は日本ウェルネススポーツ大に引き分けた。明星大先発で今秋ドラフト候補の松井颯投手(4年・花咲徳栄)は7回4安打1失点。台風の影響で試合日程が変わったこともあって、「ストレートが高めに浮いて球数が多くなって最後まで投げきれなかった」...

大学進学後は体作りを重点的に行い、フォームも固まったことで直球の最速が高校時代の141キロから13キロアップ。この日も巨人、楽天、ソフトバンクなど複数球団が視察する前で、最速150キロの直球で押した。勝負のドラフトまで残り時間も少ないが、最後までアピールを続け、夢のNPB入りをつかみとる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント