京都大・水口創太投手、プロ入りは支配下指名のみ

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

京都大で194cm94kgの体から152キロの速球を投げて注目される水口創太投手が、支配下指名のみプロ入りをする方針を固めた。

スポンサーリンク

プロ入り熱望

水口創太投手はこれまで、プロ入りを熱望しており、育成指名でもプロ入りをする意向を示していた。しかしこの日、「プロに行くのは支配下のみです。ドラフトも直前になってきて、近田監督とも話して自分で考えて決めました」と話し、支配下で指名された時のみ、プロ入りすることを明らかにした。

この日は近大戦の8回から登板すると、その回は2者連続三振を奪うなど3人で抑えた。9回に2アウト2塁からタイムリーヒットを浴びて1安打を許したが、2回2安打1失点に抑え、近畿大に勝利した。

もし希望がかな分かった場合については進路は未定だが、様々な点を考えると社会人野球でプレーする口は多くあると思われる。まずはドラフト会議で支配下ドラフトで指名があるか注目される。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラフト候補 京大・水口は2回1失点 目指すは“創部初”近大から勝ち点/デイリースポーツ online
 「関西学生野球、京大4-1近大」(15日、ほっともっとフィールド神戸) 1回戦2試合が行われ、京大は近大を下して今季初勝利を飾った。今秋ドラフト候補の最速152キロ右腕・水口創太投手(4年・膳所)は八回から登板し、2回1失点で試合を締めた。16日の2回戦に勝利すれば新リーグ設立後、近大からは初の勝ち点となる。

支配下のみ希望 ー デイリースポーツ紙面

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント