関西大2年・金丸夢斗投手が7回3安打8奪三振1失点で全国デビュー

2024年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

関西大の2年生で、最速151キロの速球を投げてすでに注目されている金丸夢斗投手が、全国の舞台デビューで7回3安打8奪三振1失点の投球を見せた。

スポンサーリンク

4回からノーヒット投球

金丸夢斗投手は、最速151キロの速球を投げ、今秋のリーグ戦では2完封を含む6勝を挙げ、チームの優勝に貢献し、MVPに輝いている。この日の東農大北海道戦で先発し神宮球場デビューをすると、慣れないマウンドに最初は苦しみ、2回にはレンダから味方のエラーで1点を失った。

しかし、4回からは危なげない投球で7回までをノーヒット投球、7回には三者三振の圧巻の投球を見せて降板した。「調子が悪い中でも打たせて取る投球で変化球をうまく使えた」と話した。

そして「全国の舞台は人生で初めてだったので良い経験になりましたし、チームの目標は日本一なので一段ずつ上がって次戦でもしっかり頑張りたい」と振り返った。再来年のドラフト注目選手となる。

2024年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
関大3年ぶり神宮星で初戦突破 先発の金丸夢斗「調子が悪い中で自分の投球ができた」7回1失点 - アマ野球 : 日刊スポーツ
関大(関西5連盟第2代表)が準優勝した19年以来、3年ぶりの神宮星で初戦を突破した。先発の金丸夢斗投手(2年=神港橘)は2回に失策で先制点を許すが、後続を断っ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
関大・金丸夢斗が7回1失点の好投「打たせて取る投球で変化球をうまく使えた」【明治神宮野球大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇18日 明治神宮野球大会大学の部1回戦 関大4―1東農大北海道(神宮) 関大の最速151キロ左腕・金丸夢斗投手(2年・神港橘)が先発...
関大が初戦突破 先発の金丸が7回1失点の快投 神宮大会で東農大北海道を破る/デイリースポーツ online
 「明治神宮大会・大学の部1回戦、関大4-1東農大北海道」(18日、神宮球場) 関大が接戦を制し、初戦を突破した。先発の金丸夢斗投手(2年・神港橘)が、7回を投げて4安打1失点と好投。打線も着実に得点を積み重ね、逃げ切った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント