静岡高の149キロ右腕・吉田優飛投手が日体大に合格

2026年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

静岡高校で、最速149キロの速球を投げて注目された吉田優飛投手が、日体大のすポーチマネジメント学部にスポーツ推薦で合格した。

スポンサーリンク

二刀流に挑戦

吉田優飛投手は186cmの大型右腕投手で、最速149キロの速球を投げる。高校2年夏に、その威力ある球が注目され、指にかかったストレートは全国でも屈指の存在だった。

しかし、今夏は主に4番ライトで出場をし、高校通算7本塁打を記録、日体大では二刀流の矢澤宏太選手が今年のドラフト会議で日本ハムに1位で指名されており、吉田選手は「すごくプラスなことだと思う」と話した。

日体大での目標として「プロに入るという大きな目標は変わらない。持ち味のパワーを生かせる打者。投手としても、まず150キロを目指したい」と二刀流での成長を誓う。個人的には2年夏に見せたあのストレートのインパクトは大きく、あの球を常に投げられるようになれば投手としてドラフト1位でプロ入りできると信じる。

ポテンシャルが非常に高く、前途洋々だと思う。日体大で思い切り伸びて欲しい。

2023年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2023年度-高校生-静岡県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
静岡高の最速149キロ右腕・吉田優飛が日体大合格喜ぶ「自分を成長させることができる環境」 - 高校野球 : 日刊スポーツ
静岡高野球部の最速149キロ右腕・吉田優飛投手(3年)が8日、日体大スポーツマネジメント学部にスポーツ推薦入試で合格した。この日、メールで合格を確認し「もっと… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント