立正大の153キロ右腕・関口航太投手と三井佑真選手がプロ志望

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

立正大が指導し、153キロ右腕の関口航太投手と、三塁手の三井佑真選手がプロ志望を表明した。

スポンサーリンク

1部復帰とプロへ

関口航太投手投手は「チームとしては全勝優勝して1部に復帰したい。プロを目指しているので結果を残したい」と話し、プロ志望を明らかにした。153キロ右腕として注目されるが、「まずは防御率0点台に抑えたい」と得点を与えない投球を目指し、「東洋大の細野、中大の西館ら、他のチームのエースに負けないようにしたい」と話した。

また昨秋に三塁手で東都2部のベストナインに選ばれた三井佑真選手もプロ入を目指していることを明らかにし、「去年はピッチャーが頑張っていたのに打てない試合が多かった。得点力を上げたい」と話した。

高校時から荒削りながらも威力ある球を投げていた関口投手、大学でその球速がます中で、内容の良い投球も多くなっているように感じる。調子の波を抑えるためにどのような投球をしていくのか注目したい。

2023年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
立正大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

プロ志望表明 ー 日刊スポーツ紙面

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント