東洋大の155キロ左腕・細野晴希投手に5球団視察、ソフトバンクが高評価

大学野球ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

東洋大が上武大とオープン戦を行い、最速155キロの速球を投げドラフト1位候補として注目される細野晴希投手が今年初登板をした。この試合には5球団のスカウトが視察をした。

スポンサーリンク

147キロも

細野晴希投手はこの日、今年初の対外試合に登板をしたものの、先発をして3回4安打4失点と乱丁だった。投球については「10点くらい。試合を壊してしまった」と自己評価した。それでも最速は147キロを記録し、「4点取られてしまったけどインコースに投げられたり、カットボールで三振がとれて良いところもあった」と振り返った。

この日は阪神、福岡ソフトバンクなど5球団のスカウトが視察し、福岡ソフトバンクの宮田スカウトは「筋肉量が増えた感じ。この時期で147キロを投げているのだから、順調でしょう。変化球の精度も上がった印象」と評価した。

また、井上大監督は「投げ終わったら帽子をかぶらずにベンチにいたり、チームとして戦う姿勢のことと、いい形で先制したのに試合を壊したと細野にはいった」とエースに指摘した。

細野投手は最速155キロの速球を投げ、キレの良いストレートと変化球が特徴で、良い時は2桁奪三振を奪い、圧倒的な投球を見せる。ただし、投げる日によって内容の良くない事もあり、今シーズンは好調不調の波をどれだけ抑えられ、悪い時にもどのくらい抑えられるかが評価のポイントとなる。

2024年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】 最速155キロの東洋大・細野晴希 3回4失点も内角直球に手応え : スポーツ報知
 今秋ドラフト上位候補の東洋大の最速155キロ左腕・細野晴希投手(新4年=東亜学園)が、上武大とのオープン戦で先発として今季初めて対外試合に登板し、3回4失点だった。
プロ注目の東洋大細野晴希3回4失点「風で失投気味だった」風速10m以上の強風に苦戦 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東都大学リーグ2部の東洋大が2日、上武大とオープン戦を行い6-8で敗れた。今秋ドラフト上位候補の細野晴希投手(3年=東亜学園)は、対外試合で今年初登板した。5… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
東洋大・細野、強風も最速146キロ 今秋ドラ1候補左腕魅せた!5球団スカウトの前で - スポニチ Sponichi Annex 野球
 最速155キロ左腕で今秋のドラフト1位候補の東洋大・細野が2日、群馬県伊勢崎市で行われた上武大とのオープン戦で今年初の対外試合に登板した。
東洋大の最速155キロ左腕・細野晴希、オープン戦今季初登板は3回4安打4失点 自己採点は「10点くらい」 阪神など5球団が視察/デイリースポーツ online
「オープン戦、上武大8-6東洋大」(2日、上武大学野球場) 今秋ドラフト上位候補の東洋大・細野晴希投手(3年・東亜学園)がオープン戦で今季初登板した。最速155キロを誇る左腕を阪神など5球団のスカウトが視察。強風の影響も少なからずあったが、...
東洋大・細野、今季対外試合初登板で「試合を壊してしまった」 上武大に6-8敗戦/大学オープン戦
(大学野球オープン戦 東洋大6-8上武大 2日、上武大球場)大学日本代表候補でドラフト上位候補の東洋大の最速155キロ左腕・細野晴希投手(新4年、東亜学園)が今…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント