青山学院大・常広羽也斗投手は先発で勝利出来ずも、12球団が視察し中日・巨人・楽天のスカウト部長が高評価

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

最速153キロ右腕の青山学院大・常広羽也斗投手が、東都リーグ開幕日の駒澤大戦で先発し、最速150キロの速球で7回途中まで登板した。この試合には12球団の首脳クラスが視察し、それぞれが高い評価をつけたようだ。

スポンサーリンク

スカウト部長クラスが高評価

常広羽也斗投手は昨年までリリーフで登板し、最速153キロの勢いのあるストレートを投げていた。今年からは先発としてチームの大黒柱となる。この日はそれを示すリーグ開幕戦で先発をした。

6回までは最速150キロのストレートと鋭い変化球を投げ、無失点の投球を見せた。しかし7回に1アウト2塁の場面でレフトオーバーの二塁打を浴び、1失点で降板した。チームは9回表に同点に追いつくもその裏にサヨナラ負けを喫した。

「1戦目と3戦目に投げる投手がエースだと思うので。球数をたくさん投げられる練習をしてきました」と先発に向けて調整をしてきたが、「先制点を与えてしまったので。あのままゼロに抑えていれば、1―0で勝てたかもしれない」と先発投手としての反省した。

それでも視察をしたスカウトの評価は高い。この日は12球団の編成の首脳クラスが視察し、下記の様に評価をしている。

中日・松永スカウト部長:「体が柔らかいし、コントロールがいい」

巨人・水野スカウト部長:「楽天の岸みたいなタイプ。この時期に150キロは出るし、フォークもいい」

東北楽天・後関スカウト部長:「ピンチになるとギアを上げられる」

今年のドラフト上位候補は間違いないと思う逸材で、まだまだ伸びしろがあると思う。先発投手となることでどのような変化が起こるのか、昨年以前と比較をしながら注目をしてゆきたい。

2023年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2023年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東都開幕 今秋ドラフト上位候補、青学大・常広が1球に泣く - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今秋ドラフト上位候補、青学大の常広羽也斗(はやと、4年=大分舞鶴)投手が1球を悔やんだ。最速150キロの直球と変化球を織り交ぜ6回まで駒大をゼロに抑えていたが、7回1死二塁から出村夢太外野手(2年、星稜)に真ん中直球を左越え二塁打された。ここで無念の降板に。104球の熱投は実らなかった。「先制点を与えてしまったので…...
青学大先発・常広は7回に先制を許し4安打1失点で降板「抑えないといけなかった」【東都大学野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇1日 東都大学野球春季1部リーグ第1週第1日 青学大1―2x駒大(9回サヨナラ、ナゴヤ球場) 昨秋はリリーフエースで今春から先発とな...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2023 Draft home page

コメント