日体大が始動、153キロ右腕の星稜出身・寺西成騎投手が被災地への思いを背負ってプロへ

2024年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

日本体育大学が1月11日にチーム練習を開始し、最速153キロの速球を投げ、ドラフト1位候補の寺西成騎投手も始動した。

スポンサーリンク

星稜で練習中

寺西成騎投手は年末年始は地元の石川県能美市に帰省し、1月1日は星稜の同級生4人と母校のグラウンドで練習をしていた。能登半島地震に遭遇し「すごい揺れました。大津波警報が鳴ったので」と話し、星稜高のグラウンドは山側にあったが、さらに山の方に避難した。その後、「家族とはすぐに連絡がとれて、みんなそれぞれに避難。当日中に家に帰られましたが、自分は友人の家に泊めてもらいました」と話した。

地元石川県の惨状を確認するについて、「僕は直接被害は受けていないですが、同じ県の知人のお宅も被害にあったと聞いている。」と話し、「今年、僕がプロに行くことで、それが小さなニュースではあっても、元気だったり励みを与えられたらと思います」とプロ入りの決意を新たにした。

寺西投手は高校1年時から注目された投手だったが、高校2年時に右肩を痛めて高校3年春に手術を行い、日体大に進学進学してからも2年間はリハビリを行っていた。昨年の春に復活をすると、最速153キロのストレートのバランスの良いフォームからのキレの良い球を投げ、チームのリーグ3連覇と、明治神宮大会ベスト4に貢献した。

ただし、先発で最長は7イニングまでとしており、今年は完投、完封することを目標とし、体作りと緩急をつけて長いイニングを投げるためにカーブを磨いている。

「大学野球も最後の年。チームの優勝はもちろん、プロ野球を目指して、1日1日、頑張ろうという気持ちです」と話し、プロ入りを最終目標として、寺西投手の1年が始まった。

2024年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
日本体育大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
日体大・寺西成騎 帰省中、母校星稜で練習中に能登半島地震を経験「プロになって地元に元気を」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
首都大学野球の日体大は11日、横浜市内の同大グラウンドで練習始めを行った。石川県能美市出身で今秋ドラフト候補に挙がる最速153キロ右腕の寺西成騎投手(3年=星… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
日体大が初のリーグ4連覇へ始動、プロ注目の153キロ右腕の寺西成騎「プロ目指してやっていきたい」【首都大学野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
首都大学野球でリーグ3連覇の日体大は11日、横浜市青葉区のグラウンドで、チーム初となる4連覇に向けて始動した。プロ注目の153キロ右腕...
【大学野球】 母校・星稜で能登半島地震に… 日体大の153キロ右腕・寺西成騎「プロに行って元気や励みを」 : スポーツ報知
 首都大学リーグの日体大が11日、神奈川・横浜市の同校グラウンドで始動。今秋ドラフト候補に挙がる最速153キロ右腕・寺西成騎(3年=星稜)は「プロ野球に行きたいという思いが強いので、そこだけを目指した
ドラフト候補の日体大・寺西成騎が全体練習開始 震災地・石川から帰京し「普通に練習できるのでがんばりたい」/首都
今秋ドラフト会議注目の日体大(首都)の最速153キロ右腕・寺西成騎投手(3年、星稜高)が11日、横浜市青葉区の日体大健志台グラウンドで今季の全体練習開始日にシャ…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント