日本ハム、立正大・飯山志夢選手をリストアップ、父に続きプレーあるか

2024年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

北海道日本ハムが、立正大の飯山志夢選手をドラフト指名候補とてリストアップしていることがわかった。父も日本ハムの内野手として20年間プレーしており、二世選手として注目されるかもしれない。

スポンサーリンク

栗山CBOが評価

飯山志夢選手は走攻守そろった外野手で、中央学院高校ではショートも守っており、高校通算15本塁打と長打力も見せていた。大学でも2部リーグだが昨春に打率.365で首位打者を獲得すると、昨夏も3年生ながら侍ジャパン大学代表選考合宿に招集された。

今春も打率.327と7盗塁で打撃と足で活躍をすると、先日まで行われていた選考合宿に参加し、打撃でアピールを見せて外野手4人の中に選ばれた。

176cm80kgの体で一塁駆け抜けタイムは3秒7を記録する身体能力がある。父・飯山裕志氏は1997年のドラフト4位で日本ハムに指名され、その後、ユーティリティープレーヤーとして20年間プロの世界で戦った選手で、北海道日本ハムの球団幹部は「選手としての能力は、もちろん評価している」と評価した。

選考合宿では視察した日本ハムの栗山CBOも「個人的には裕志の息子がいいものを見せてくれた」と評価していた。

この日、立正大は2部3部入れ替え戦に出場し、飯山選手は1番センターで出場すると、2安打2打点の活躍をみせ、3部1位の順天堂大に勝利した。初回にヒットで出塁して先制のホームを踏むと、8回にはセンターの前にポトリと落ちるヒットで二塁を陥れる走塁を見せた。

外野手として高い身体能力を見せる飯山選手は、「プロを目指しています」と話し、プロ志望をしている。他球団も注目をしている中で、北海道日本ハムで父の活躍を受け継いたプレーをする事になるか注目される。

2024年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【2024】侍ジャパン大学代表候補強化合宿メンバー
6月24日にプラハベースボールウイークとハーレムベースボールウイークに参加する侍ジャパン大学代表が発表されました。
日本ハム 立正大・飯山をリストアップ! 父はOB裕志氏“職人”の血を引く俊足好打の外野手 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 日本ハムが、東都大学2部リーグに所属する立正大4年の飯山志夢(もとむ)外野手(21)を今秋のドラフト候補としてリストアップしていることが25日までに分かった。日本ハムの飯山裕志スカウト兼プロスカウト(44)を父に持つ俊足巧打の外野手。球団幹部も能力を高く評価しており、調査を進めていくもようだ。
大学侍Jの飯山志夢 マルチ&2得点で立正大2部残留王手に貢献 父は元日本ハム内野名手のドラフト候補/デイリースポーツ online
「東都大学野球・2、3部入れ替え戦、立正大4-0順大」(25日、神宮球場) 立正大(2部6位)が順大(3部1位)に4-0で先勝し、2部残留に王手とした。大学日本代表に選ばれた今秋ドラフト候補の飯山志夢外野手(4年・中央学院)が「1番・中堅」...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント