東農大が31年ぶりに1部昇格、秋に1部優勝で下剋上完成へ

2024年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

東都大学リーグでは、1部2部の入れ替え戦が行われ、2部1位の東京農業大が1部6位の駒澤大に2勝1敗と勝ち越し、31年ぶりとなる1部昇格を決めた。

スポンサーリンク

3部降格から

東農大は応援を含めたチーム全体の勢いで試合を決めた。この日は初回に先制すると、2回に5点、3回に2点、そして4回に3点を奪い、序盤で11−0と大きく勝ち越した。

東農大は昨年の春、2020年の秋以来となる3部降格をしてしまう。習志野で注目された主将の和田泰征選手は、「これ以上ないほどの悔しさを味わった」と話し、「自分がチームを変える」と決意すると、北口監督も「和田たちの代に懸けたいなと。その思いが一緒だった」と話し、昨年は3年生だった和田選手を主将に抜擢した。

自主的な練習が特徴の東農大、平日のチーム全体練習は午前8時までで、その後は自主練習となり、選手の自主性が大きく問われる。しかし、和田選手を中心にこの時間に悔しい思いを保ちながら練習を続けると、昨秋に1季のみで2部昇格を果たした。

そして今春、チームは専修大や東洋大といった強力なチームがいる中で、9勝3敗、勝ち点4で2部昇格即優勝を果たすと、この入れ替え戦でも初戦は1部の大学の強さに弾き返されたが、2戦目で序盤から打線に勢いがあって勝利すると、この日は序盤から相手を圧倒した。

そしてこのリードをプロ注目の150キロ右腕・長谷川優也投手が持ち前の安定感あるピッチングで9回3安打1失点に抑え、堂々の1部昇格を果たした。

2部で大きな下剋上を果たした東農大、秋は1部でも下剋上をしてようやくストーリーは完成する。和田選手や長谷川投手、他にも高校時に注目された松村力投手、近藤想真投手など実力のある選手がいる。

【東都入れ替え戦】東農大31年ぶり1部昇格、北口正光監督「夢はかなう」年頭に目標掲げ一気に - アマ野球 : 日刊スポーツ
2部優勝の東農大が1部6位の駒大に2勝1敗で93年秋以来、31年ぶりの1部昇格を決めた。2戦目に続き、先制攻撃が勝利を引き寄せた。初回、4番菊地希内野手(4年… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
東農大が31年ぶり1部復帰 名物「大根踊り」が後押し 昨秋3部から2季連続昇格/東都
東都大学野球春季1・2部入れ替え戦(27日、神宮)3回戦が行われ、東農大(2部1位)が12―1で駒大(1部6位)を破って2勝1敗とし、1993年秋以来31年ぶり…
東農大 31年ぶり1部復帰 史上初3部から2季連続昇格 和田主将が3打点打線けん引 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 3回戦を行い、2部1位の東農大が1部6位の駒大に12―1で快勝した。2勝1敗として93年秋以来、31年ぶりの1部復帰を決めた。昨秋に3部1位から2部昇格しており、2季連続昇格での1部昇格は史上初めて。3年途中から主将を務める和田泰征内野手(4年)が2安打3打点で、18安打12得点した強力打線をけん引。“下克上”ロード...
【東都入れ替え戦】東農大31年ぶり1部昇格、北口正光監督「夢はかなう」年頭に目標掲げ一気に - アマ野球 : 日刊スポーツ
2部優勝の東農大が1部6位の駒大に2勝1敗で93年秋以来、31年ぶりの1部昇格を決めた。2戦目に続き、先制攻撃が勝利を引き寄せた。初回、4番菊地希内野手(4年… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント