中部学院大が桐蔭横浜大に屈す、上西主起選手、野間峻祥投手に期待

中部学院大, 東谷優, 上西主起, 野間峻祥

 明治神宮大会準々決勝、桐蔭横浜大vs中部学院大の試合は、序盤に中部学院大が5-2とリードしたものの、終盤に桐蔭横浜大が相手投手の隙を突き8点を挙げて10-5で勝利した。

昨年王者

 昨年の明治神宮大会で王者となった桐蔭横浜大は、今年のエース・横山弘樹投手が登板する。しかし横山投手はストレートが真ん中に集まり、初回に2失点、3回には3番・野間峻祥選手、4番・杉島隆文選手に連続ヒットを打たれると、5番・上西主起選手に3ランホームランを打たれた。3回5失点だった。

 しかし4回から昨年の明治神宮大会で亜大、法大などを完封した小野和博投手が登板すると流れが変わる。スライダーと動くストレートで6イニングを1安打9奪三振とほぼ完璧なピッチングを見せ、チームに逆転の流れを呼び寄せた。

能力の高い選手揃う中部学院大

 敗れた中部学院大だが、5番・上西主起選手は練習から強肩を見せ、ライトの守備で1回戦ではフェンスに転がる球をとってセカンドに送球すると、ギリギリのタイミングでのセーフとなりスタンドを湧かせた。またタイブレークではレフトスタンドに特大の3ランホームランを放った。この日も強肩で失点を抑えるプレーを見せ、3回には低い弾道でバックスクリーンに放り込むパワーを見せている。日本生命に進むようで、今後注目したい選手だ。

 また3番・野間峻祥選手も練習ではバックホームで超の付く強肩を見せていた。まだコントロールが良く無さそうだが、新庄剛選手や岡大海選手のようなイメージができる。また打撃ではこの日は5打数2安打、1回戦は宇都宮健太投手に苦しみ3三振も、タイブレークではキッチリタイムリーヒットを放った。複数球団が注目する選手で来年のドラフト候補。

 さらにエースの東谷優投手も、この日はリリーフで4四死球とまさかの投球だったが、大学選手権と明治神宮大会1回戦では抜群の安定感を見せた投手で、こちらも社会人での投球が楽しみだ。1年目から軸になる力がある。

 逆転の一撃に吠えまくった。2―5の7回に2点を返し、なおも2死一、三塁。阿部亮は右翼フェンス直撃の2点三塁打を放ち「絶対に還してやろうと思った。うまく打てた」と胸を張った。

 昨年は創部7年目で日本一の栄冠を勝ち獲った。しかし阿部亮は不振のため大会直前にベンチを外れ、記念撮影のためのカメラ係をしていた。「日本一になってうれしかったけど悔しい気持ちがあった」。一振りに思いを込め、今年は自分がフラッシュを浴びた。

 1年時の関東地区大学野球選手権準決勝で、東海大の菅野(現巨人)からサヨナラ打を放ち、神宮大会に出場した。その菅野が今年10月17日の巨人―広島のCSファイナルS第2戦で、完封する姿を東京ドームで生観戦した。「自分も頑張ろうという気持ちになった」という阿部亮は菅野タオルを購入。この日「お守り」としてベンチに持ち込んだ。

 19日の準決勝では東都大学リーグ覇者の亜大と対戦する。昨年は準決勝で下したが、今春の全日本大学野球選手権では準々決勝で敗れている。「何が何でも勝ちたい」。史上6校目の連覇へ向け決意を固めた。


PAGE TOP