東京ヤクルトのドラフト2位、東農大北海道の風張蓮投手が1回降板も故障は無し

玉井大翔, 風張蓮, 東農大北海道, 井口和朋

 明治神宮大会の東農大北海道オホーツクvs京都産業大の試合では、東京ヤクルトがドラフト2位で指名した風張蓮投手が先発したものの1回で降板し、故障かと心配されたものの、内容が良くなかった事による降板だったことが分かった。

試合前に言われていた

 先発した東農大北海道の風張蓮投手は球速は140km/h中盤を記録したものの2安打を許し、一塁のベースカバーに入った際に足を気にする場面も見られた。しかしそのピンチを何とか無失点に抑えた。

 そして2回、樋越監督が球審に選手交代を告げると、マウンドに風張蓮選手の姿は無く、3年生の井口和朋投手が上った。風張投手はわずか16球で降板し「故障」の心配もされた。しかし試合後に風張投手は「体の異常は特になかった」と話し、「立ち上がりが悪かったら交代と言われていた」と、内容が良くなければすぐに交代させることは言われていたようだ。

 試合は2番手で登板した井口投手が最速145km/hの筋の良いストレートと変化球で3回2/3を2安打6奪三振3四死球で無失点に抑えると、5回途中から登板したもう一人のエース・玉井大翔投手が4回1/3を3安打9奪三振無四球と完璧なリリーフを見せ、京産大に3-0とシャットアウトで勝利した。ドラフトで指名された風張投手だけでなく、1年からエースを背負った玉井投手、来年のドラフト候補・井口投手など全員野球で勝っていく姿勢を示した。

 

発展途上の投手

 風張蓮投手には今年のドラフト会議前に巨人の山下スカウト部長や阪神の中村GMなどが相次いで視察に訪れるなど、注目度の高い投手だった。ドラフト会議でも東京ヤクルトがドラフト2位の1番目で指名するなど1位に次ぐクラスとして評価されたが、まだ発展途上の投手であり素材型の投手と言える。

 リーグ戦では持ち前のパワーと変化球で手も足も出ないピッチングを見せたものの、全国ではまだ結果を残せていない。また伊保内高校、東農大北海道と地方でプレーしているが、今度は東京のど真ん中が仕事場となり、生活に慣れる事も大切な要素となる。

 すぐに結果を求めずに、少し時間をかけて行けば持っている力を発揮してくれるだろう。

 ヤクルトからドラフト2位指名を受けた風張は先発したが、1回2安打無失点で降板。「立ち上がりが悪かったら交代と言われていた。あとの2人がしっかり投げてくれたので、早めに継投してくれて良かった」と救援陣に感謝した。


PAGE TOP