オリックスのドラフト1位、明治大・山崎福也投手が5回7奪三振無失点

大学野球ドラフトニュース オリックスドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 明治神宮大会では明治大が徳山大に7回コールド9-0で勝利した。オリックスがドラフト1位で指名した山崎福也投手が、5回を投げて3安打7奪三振で無失点に抑え勝利投手となった。オリックス森脇監督が視察し、来年のローテーション争いに入ってくると評価した。

粘りの投球

 最速は142km/hだが、カーブ、チェンジアップを駆使し4回1アウトまでパーフェクト、5回に1アウト2,3塁のピンチとなったが、そのピンチも抑えて5回3安打7奪三振で無四球で無失点に抑えた。粘りと変化球を織り交ぜ、186cmの身長からアウトコース高めで見逃しの三振を奪うといった山崎投手らしい投球が見られた。

 「ドラフトが終わって気持ちが楽になった」と話す山崎投手、徳山大の打者からも「これまで見たことのない変化球の曲がりかただった」という大きなカーブで大学最後の大会で優勝を目指す。

 

森脇監督視察

 この試合にはオリックスの森脇監督が視察に訪れた。森脇監督は4回に味方のエラーで招いた2アウト1,2塁の場面で、三振を奪ってピンチを切り抜けた投球を挙げて、「ボールと気持ちのコントロールがしっかりできている。東明や吉田らの枠に入っていけると見ています」と「強い投手」という評価をした。

 球速では物足りないものの、ピンチで見せる粘り強さや変化球も織り交ぜた投球で、ローテーションの5番目、6番目に入ってくる投手とみているようだ。

 昨年のドラフト1位の吉田一将投手、ドラフト2位の東明大貴投手が今年ローテーション入りし、チームの優勝争いに貢献した。来年は金子千尋投手が抜ける可能性が高く、2年目となる二人とともに山崎投手にも期待する事になりそうだ。

 マウンドの山崎が意識していたのは、相手の打者だけではなかった。ドラフト1位で指名した左腕の投球を見るために、わざわざ神宮に駆けつけたオリックス・森脇監督。ネット裏からのその視線を感じていた。

 「見に来てくださってうれしい。(監督が見ていることは)意識していた。できればノーヒットぐらい、いきたかったですけど…」。3回まではパーフェクト。大量リードの展開とあって、5回3安打無失点でマウンドを譲った。秋のリーグ戦では不調で1勝にとどまったが、ドラフト後も気を緩めずに連日のブルペン入り。最速142キロを軸に、縦に割れるカーブで毎回の7三振を奪った。

 ネット裏に駆けつけたオリックスの森脇監督も絶賛だ。4回、味方の失策から招いたピンチを抑えた場面に注目し「ボールと気持ちのコントロールができている。強い投手。東明、吉田のラインの中でいい競争ができるでしょう」と、早くも来季の先発ローテ入りを期待した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント