東京六大学の優勝は早慶戦で決着、ドラフト指名選手もそろう!

横尾俊建, 谷田成吾, 茂木栄五郎, 重信慎之介, 山本泰寛

明治大が勝ち点を落とし、東京六大学の優勝は早慶戦の勝敗で、早稲田大、慶応大、明治大の優勝の可能性を残した。

早大勝ち点なら優勝

現在は明大が勝ち点4、早大と慶大が勝ち点3で、早慶戦で勝利した方が勝ち点で並ぶ。しかし勝率では、早大が勝ち点を挙げた場合は2連勝でも2勝1敗でも明治大を上回るため早稲田大の優勝となる。

慶大が勝ち点を挙げた場合は2勝0敗ならば明大と勝敗も一緒となりプレーオフ、2勝1敗ならば勝率で明大に及ばず明大が優勝となる。

 

ドラフト指名選手など続々

10月31日からの早慶戦にはドラフト会議で指名された選手や、ドラフト会議で注目された選手がそろう。

早稲田大は巨人がドラフト2位で指名した重信慎之介選手と東北楽天がドラフト3位で指名した茂木栄五郎選手がいる。重信選手は現在打率.414で首位打者となっている。

慶応大は巨人がドラフト5位で指名した山本泰寛選手と北海道日本ハムが6位で指名した横尾俊建選手がいる。またドラフトで指名漏れとなった注目候補・谷田成吾もいる。今季は横尾選手と谷田選手が5本塁打を放っており、早慶戦でホームラン王の決着がつけられるか。

早稲田大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

慶応義塾大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page


PAGE TOP