立正大が1部昇格王手、ドラフト候補捕手・小畑尋規選手が決勝タイムリー

小畑尋規, 立正大, 鈴木友也

東都リーグの1部2部入れ替え戦では、立正大が3年生・鈴木友也投手の好投と、小畑尋規捕手の決勝打で勝利し、1部昇格に王手をかけた。

1部昇格王手

立正大はこの日、6回までノーヒットに抑えられる厳しい戦いとなったが、7回に1アウト満塁のチャンスを作ると、プロ注目の6番・小畑尋規捕手選手が、インコースストレートに詰まりながらもレフト前に運び2点タイムリーヒットとなった。これが決勝点となり5-1で勝利した。

投手では3年生の鈴木友也投手が8回を投げて、2安打4奪三振4四死球で無失点に抑える好投を見せた。鈴木投手は越ケ谷高校出身の右腕で高校時代に143キロを投げていた。大学では制球を磨き、今季は2部リーグで4勝0敗、防御率1.18を記録している。

立正大は昨年も黒木優太投手、堀誠投手の2枚看板を擁し最終節まで無敗で来たものの、青学大に2敗して2部優勝を逃し、秋も2位に終わっていた。今季はこの鈴木投手と釘宮光希投手の好投でリーグ戦を10勝0敗、引き分けもない完全優勝で勝ち上がり、その勢いが現れた。悲願の1部昇格まであと1つとなった。

立正大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年度-大学生捕手のドラフト候補リスト

司令塔・小畑が勝利を呼ぶ先制2点適時打。七回1死満塁で内角直球を詰まりながら左前へ。六回までの無安打から一転、5得点のビッグイニングにつなげた。


PAGE TOP