オリックスバファローズの2013年ドラフト指名予想

白崎勇気, 青学大, 法大, 齋藤英輔, 西宮悠介, 横浜商大, 九共大, 大瀬良大地, 山川穂高, 富士大, 岩貞祐太, 大阪桐蔭, 前野幹博, PL学園, 榎本和輝, 京都翔英, 中山悠輝, 吉田一将, JR東日本, 森友哉, 笠松悠哉, 西浦直亨, 近田拓矢, 上林誠知, 仙台育英

 2013年、オリックスバファローズのドラフト指名方針の予想をしてみる。

層の薄いポジション

 チーム構成表を見ると、まず目に付くのは投手の若手投手が少ない事。甲斐、延江のドラフト1位コンビが自由契約となるという衝撃が走った。西勇輝投手は1軍で活躍を見せているだけに育成能力が無いわけではないと思うが高校生投手の獲得が少なく、大学社会人選手を獲ってもすぐにベテランとなったり移籍の話が出たりと活躍する期間が短い。松葉、佐藤を獲得し、東野投手も獲得したがまだまだ足りない。過去3年間でも野手12人に対し投手8人と他球団に比べて少ない状況。

 次に目に付くのは中継ぎ、リリーフ投手。平野、岸田などが活躍するがベテランになってきており、平井、松本など自由契約になった選手を獲得し、戸田亮投手を獲得したが未知数だ。

 最後にスラッガータイプの選手。T岡田が怪我で欠場すると一気に主軸の層が薄くなり、外国人の活躍次第でチームの順位が変動する状況が変わっていない。

 

層が厚いポジション

 内野手は大引に加え、安達、縞田、三ツ俣が内野手で争ういい状況になってきた。捕手は日高が抜け厚いという状況ではないが、若い伊藤捕手と伏見寅威捕手が競うこととなり、若手はこの二人を軸にいけると思われる。原大輝捕手も層を厚くしている。

 

候補は?

 2012年は藤浪晋太郎投手を狙ったが、2013年の先発投手ならば選択肢は少なく、九共大・大瀬良大地投手という事になりそうだ。または縞田拓弥、川端崇義、戸田亮と獲得が続いているJR東日本から吉田一将投手、白崎勇気投手などが候補となりそうだ。

 中継ぎ・抑えならば青学大・斎藤英輔投手、左の中継ぎ候補として横浜商大・岩貞祐太投手、西宮悠介投手などが挙げられる。社会人からもリリーフ投手の獲得がありそうだ。

 スラッガータイプならば、仙台育英・上林誠知選手、捕手ではあるが地元大阪の森友哉選手、京都翔英・榎本和輝選手、大学生で山川穂高選手、法大・西浦直亨選手なども候補として挙がってきそうだ。他にも、今年、藤浪晋太郎投手を追いかけた続けた関係で大阪桐蔭の選手はチェックしていると見られる。笠松悠哉選手、近田拓矢選手などの長打力は見ているだろう。他にも地元PLの前野幹博選手、中山悠輝選手も候補だろう。

 

ドラフト1位は?

 九共大・大瀬良大地投手とJR東日本・吉田一将投手の二人のうちから指名するのではないかと予想する。外れ1位では高校生スラッガー、または中継ぎ抑えの即戦力という事になりそうだ。

 

オリックスバファローズのドラフトメインページを更新しました!


PAGE TOP