2015年ドラフト会議への展望

2015年ドラフトニュース

 2014年のドラフト会議が終了し、早くも来年のドラフト候補に目が移っている人も多いと思います。2015年のドラフト会議の展望を占ってみます。

2015年の高校生のドラフト候補

特Aランク

 高校生は今年同様に投手に注目が集まりそう。特に評価が高いのが東海大相模の小笠原慎之介投手で、左腕で最速146km/hを投げ、今年の夏の甲子園で最も評価された投手だと思います。主にリリーフでしたが、エース番号を背負い先発として成長すれば、貴重な左腕投手で速球もあり1位候補となるでしょう。

 また東海大相模で右の吉田凌投手も中学時から騒がれた投球が夏の神奈川大会決勝で1試合20奪三振という結果につながりました。現在は背番号10となっていますが、1年時には青島凌也投手や佐藤雄偉知投手を差し置いて先発を任せられるなど、最速149km/hの速球もさることながらスライダーで相手を簡単に抑えてしまいます。このスライダーに頼って手を抜こうとするために監督からエース番号を与えられませんでしたが、小さくならずにストレートを中心に本格派投手と成長してほしいです。

 特Aランクはこの二人ともう一人、県岐阜商の高橋純平投手がいよいよ本格化でしょうか。元々1年時に145km/hを投げ、安楽智大投手の次は高橋、と言われましたがその後は結果を残せずにいました。それでも球速は150km/hを記録すると、先日の秋季大会では152km/hの速球で2試合連続完封勝利を挙げました。このまま行けばドラフト1位で重複する事でしょう。

 

投手の候補

 評価が高い投手は近江・小川良憲投手で、夏の甲子園では投手で3年生を含めてもトップクラスでした。また桐生第一の山田知輝投手もセンバツで見せた質の高い投球は見事で、球速を付ければ1位候補になりそうです。

 成長を期待したいのは仙台育英の佐藤世那投手、秋季大会で好投を見せる180cmで144km/hを投げる本格派、夏は不調でしたが専大松戸の原嵩投手は185cmから146km/hの速球を投げ、春季大会で活躍を見せました。秋季東海大会で勝ち上がっている日大三島の小澤怜史投手も最速48km/hを投げるパワー型投手、履正社の永谷暢章投手も187cmの体から147km/hの速球を投げ、センバツで好投を見せました。

 センバツで優勝した龍谷大平安の高橋奎二投手も素晴らしい投球を見せる左腕で、球速がつけば文句なく1位となるでしょう。夏の大会でベスト4に進出した敦賀気比のエース・平沼翔太投手もスライダーという武器があり、ストレート次第では上位に挙がってきそう、また沖縄、中部商の前田敬太投手は183cmから146km/hの速球をなげ、こちらも注目です。

 

野手の候補

 夏の甲子園で2本のホームランを放った盛岡大付の遠藤真選手はホームランを打つセンスのある選手で注目です。また朝山広憲選手も力もあり確実性もあるハイレベルな選手として期待でき、智弁学園の廣岡大志選手も楽しみな選手です。

 中学時代から期待されているのが長崎・海星の平湯蒼藍選手で、中学時代はリトルシニア日本代表の4番を打っていました。夏の甲子園ではヒットを打てませんでしたがその悔しさからか甲子園後に既に10本塁打を放っているようで、岡本和真選手のように花開くのかもしれません。

 また既にプロが注目しているのが東海大菅生の勝俣翔貴選手で抜群の飛距離を見せる左打者、東京では関東一のオコエ瑠偉選手も183cmの体がありながら俊足、パワーが抜きんでています。その他、日本文理の星兼太選手は甲子園に出るたびにホームランを放ち足もある選手、智弁和歌山の山本龍河選手はスラッガータイプの選手です。

 

大学生の候補

 久しぶりに大学生野手が目玉となりそうです。かつては青学大の小久保佑樹や井口忠仁、慶応大の高橋由伸といった大学生スラッガーが目立っていました。

 一人は明治大・高山俊選手、3年の現時点で96安打を記録し、リーグ安打記録を塗り替える可能性がある選手。打撃は当てて出塁するのではなく、狙い澄まして打球を痛烈に外野に運び、外野の頭を越す打球も多い中距離打者です。軽く打ってホームランを打つ事もでき、またバントヒットを狙うなど足もある選手で、底が知れません。

 もう一人は慶応大・谷田成吾選手、3年春のリーグ戦で4本塁打を放つとこの秋も既に3本塁打を記録、高校時代に70本以上のホームランを放ったスラッガーは、大学でもその素質を延ばします。ライトポール際の打球はもちろん、レフト方向にもフェンスを越え、まさに高橋由伸2世です。

 投手では駒澤大でこの秋のリーグ制覇をしたエースの今永昇太投手、左腕で体は小さいものの140km/h中盤をストライクゾーンに見事に配球をしてきます。駒大、そして左腕という事中畑ベイスターズの1位指名は不可避でしょうが、他球団も当然マークしています。

 

投手の候補

 素質の高い選手が揃っていますが、やはり本調子でない投手も目立ちます。明治大の上原健太投手は190cmの左腕で150km/hを投げ、2年秋に防御率0.88を記録しました。通算成績は8勝6敗ですが、いつその素質が開花するかを期待させます。まだ開花していませんが、早く開花してドラフト時には調子を落としているよりも、来年秋に向けて花開いてゆけばよいかなと思います。

 早稲田大には日大三で全国制覇をした吉永健太朗投手がいます。高校時はバリバリの1位候補でしたが大学2年で調子を崩しその後は登板する事が難しい状態になっています。期待をせずにゆっくり待ちたい投手です。

 その他では東海大で選手権制覇、さらに侍ジャパン大学代表でエースとしてアメリカを1安打完封した東海大の吉田侑樹投手、仙台大で150km/hを越す速球を投げる熊原健人投手、1年時に明治神宮大会でノーヒットノーランを記録した富士大・多和田真三郎投手も期待、そして帝京大の西村天裕投手も150km/h中盤を記録するパワーピッチャーです。

 左腕では明治神宮大会で亜大を3回5奪三振、翌年の大学野球選手権の中部学院大戦で5回2/3で13三振を奪った福岡大・唐仁原志貴投手が注目、まだ速球は140km/h前後なのですがそれでも圧巻の三振奪取率を記録します。球速が増すことを期待しながら、なかなか成長を見せませんが、最後の年に期待したいです。

 関西学生リーグでも関西学院大の宇都宮健太投手や同志社大の柏原史陽投手、そして立命館大の桜井俊貴投手と質の高い投手が揃います。

 

野手の候補

 青山学院大の吉田正尚選手は類稀なバッティングセンスがあり、足も十分の外野手です。プロのスカウトの評価も高く上位に入ってくるでしょう。日大三優勝メンバーの横尾俊建選手もこの秋にホームランを打ち始めました。法大の畔上翔選手は期待されていますがまだまだという所です。

 内野手では野球センスの高い選手が揃い、早大の茂木栄五郎選手、亜大の藤岡裕大選手、北村祥治選手はプロ即戦力の選手たちです。

 

社会人の候補

 社会人にも特Aランクの選手がいます。JR東日本の関谷亮太投手は明治大時代に大学日本代表のエースでしたが、社会人でも1年目からエースとして活躍、140km/h中盤の角度のあるストレートと鋭く曲がるスプリットなどがあり、社会人も手がつけられません。

 また日本生命の上西主起選手は中部学院大時代に明治神宮大会でホームランを量産、また強肩では今年広島にドラフト1位指名された野間峻祥選手以上とみられています。スラッガー型の体型ですが、球界を代表する打者になる可能性があります。

 

投手の候補

 今年でもプロを希望すれば上位に入っていたと思われる新日鐵住金かずさマジックの左腕・加藤貴之投手、来年も当然上位候補となります。左腕では東京ガスの宮谷陽介投手が都市対抗で素晴らしいピッチング、172cmで球速も140km/h前半ですが腕の振りが素晴らしく、打者から見づらい感じです。

 また日本生命の清水翔太投手に注目しました。角度のある球を投げる左腕で最速145km/hを記録します。まだ長いイニングを安定して投げる程ではありませんが、将来が非常に期待できます。都市対抗で153km/hの速球を見せたHonda熊本の狭間正行投手も注目、今年の候補と比べても屈指と言える速球派投手です。

 質の高い投球を見せるのがNTT東日本の横山弘樹投手と富士重工の小野和博投手、共に桐蔭横浜大出身の投手で1年目からチームのエースとなっています。投球は十分評価されているので、球速をもう一段回上げれば上位候補に入ってくるでしょう。

 他にも今年指名されなかったJR九州の菊地翔太投手は150km/hの速球で都市対抗で素晴らしい球を投げました。NTT西日本の188cm左腕・藤本晃次投手も腕の長さがあり143km/hの速球がバッターのインコースに突き刺さります。二人とも来年はチームの中心投手として活躍し、チームが快くプロに送り出してくれるような選手になってほしいです。

 

野手の候補

 大学時代から注目されていたのが、上武大で大学選手権で優勝をしたメンバーの東芝・小川裕生選手やHonda鈴鹿の大城戸匠理選手、そして拓大で注目されJFE東日本で活躍している小峰弘樹選手、特に小峰選手は1年目から4番を打ち春はホームランを量産しました。こちらもドラフト3位以内には入ってきそうな選手です。

 

ドラフトの目玉候補は

 今年に比べると大学生野手の候補が揃い豊作になりそうで、特に高山俊選手、谷田成吾選手は久々に表れた大学のスター選手、各球団とも大争奪戦を見せそうです。

 これに絡むのが今永昇太投手と高校生の吉田凌投手、高橋純平投手、小笠原慎之介投手、小川良憲投手となりそうですが、社会人の関谷亮太投手などもいる事から以外と重複はしないかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント