東京ヤクルトが清宮選手の1位指名を明言

清宮幸太郎, 早稲田実

東京ヤクルトはスカウト会議の3日目を開き、早稲田実・清宮幸太郎選手の1位指名を明言した。

衣笠球団社長「神宮に合っている」

3日間のスカウト会議を終えた東京ヤクルトの小川SD兼監督は、「清宮は1位」と話し、清宮幸太郎選手の1位指名を明言した。「ああいうような逸材はなかなか出てこないと説明している。

また衣笠球団社長も「最初から清宮を指名しようという意見が占めていた。前々から言っていたし、彼の雰囲気は神宮に合っている」と話した。抽選は小川SD兼監督が行う。

東京ヤクルトは今年はセリーグ最下位に沈み、特に投手に課題を見せた。しかしチームの屋台骨となる中心選手になり得る選手として清宮選手を獲得し、野手も含めた新しいチーム作りを進めていく。

東京ヤクルトスワローズのドラフト会議

また衣笠剛球団社長兼オーナー代行は「最初から清宮を指名しようという意見が占めていた。前々から言っていたし、彼の雰囲気は神宮に合っている」と説明。またくじ引きを行うのは小川監督に決定。

ヤクルト・小川新監督が怪物・清宮を引き寄せる。3日連続で都内の球団事務所で行ったスカウト会議最終日、早実・清宮の1位指名を最終確認。

「清宮を1位でいきます。俺が(くじを)引きます。衣笠社長から『小川監督が来年から現場で指揮を執るから、当たっても外れても責任者としてやってほしい』といわれました」

この日のスカウト会議には、初めて衣笠球団社長が同席。新指揮官は「(衣笠社長に)正式に『清宮でいきます』という確認を取った。(即戦力の)投手というのは毎年出る可能性が高いんだけど、(野手で)ああいうような逸材はなかなか出てこない。打つだけではなく、総合的にね」と説明。衣笠社長は「今年は最初から、(清宮に)何球団来ても(指名しに)いくということだった。彼は神宮にふさわしい」と力を込めた。


PAGE TOP