12球団の上位候補動向、スポーツ報知が報じる

高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

巨人がスカウト会議で、佐々木朗希投手を最上級評価したことに関連し、スポーツ報知では他のドラフト1位候補である奥川恭伸投手、森下暢仁投手について、他球団のドラフト上位指名の動向を簡単に紹介している。

ドラフト上位候補状況(スポーツ報知)

巨人佐々木奥川 森下 
DeNA佐々木 森下
広島  森下
阪神佐々木奥川森下
中日 奥川森下
ヤクルト佐々木奥川森下
ソフトバンク佐々木奥川森下
日本ハム佐々木 明言  
西武佐々木奥川森下
楽天佐々木奥川 
千葉ロッテ佐々木奥川 
オリックス佐々木奥川 

北海道日本ハムは6月2日に佐々木投手の1位指名を公表している。

広島カープについてはスポーツ報知では森下投手が有力としているようだ。また、全体的にセリーグは大学生の森下投手、パリーグは佐々木、奥川の高校生を有力としている。

社会人選手も注目されたものの、都市対抗ではドラフト1位候補投手が軒並み結果を出すことができず、ドラフト会議ではこの3人が中心になる事が濃厚となった。

2019年ドラフト指名予想

巨人密着・佐々木 スポーツ報知紙面 2019/7/30

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント