【ドラフト総決算7】待ち望んだあの選手がやってくる、2021年のドラフト候補

2021年ドラフトニュース

2021年のドラフト会議に目を向けたい。2021年は筑波大・佐藤隼輔投手、高知高・森木大智投手といった、早くから注目された選手が候補になる。また、高校生投手に逸材が多く、ドラフトの中心になってくる可能性が高い。

スポンサーリンク

来年のドラフトの目玉

今年の佐藤輝明選手のような、野手のぐりぐり1位候補という存在は来年はいない。ドラフトの目玉は筑波大・佐藤隼輔投手、法政大・山下輝投手といった大学生の左腕投手と、高知高・森木大智投手、市立和歌山・小園健太投手、明桜・風間球打投手といった右を中心とした高校生に目玉クラスとなりそうだ。

佐藤隼輔投手は仙台高校時代に10球団以上が注目をした左腕で、高校時は140キロ前半ながら抜群のキレを見せ、2桁奪三振も当たり前という投球を見せていた。筑波大でも早くから頭角を現し、1年生の秋には3勝0敗、防御率0.00という驚異的な成績を見せる。2年は春・秋にフル回転し2年までで8勝4敗の成績を残した。しかも、川村監督がしっかりと球数を管理しながら登板をしており、肩ひじの影響も最小限に抑えられているとみられ、4年生になって故障という事も少ないのではないかとみられる。球速は150キロを突破し、いよいよ最終学年にどれほどの成長を見せるのかが注目される。

山下輝投手は、今年の4球団競合左腕・早川隆久投手の木更津総合の1つ後輩の左腕。しかも身長が187cmと大きく、スケールで早川より上という声もある。高校時も実績はそれほどなかったが、プロ志望届を出せば中位から上位指名の可能性も上がっていた。法政大に進み1年目、2年目にリーグ戦の登板が無く心配されていたが、今年の春のリーグ戦で登板すると150キロの力のある球を見せた。

高校生投手では、高知高・森木大智投手が中学時代に軟式で150キロを記録し、打撃も評価をされていた。184cm84kgの体もさらに成長しており、硬式でも151キロを記録した。市立和歌山・小園健太投手は夏の大会で最速152キロを記録する圧巻のピッチングを見せ、140キロ後半のカットボールではプロでも打てないと絶賛だ。明桜の風間球打投手は、まだ細いが佐々木朗希投手のような球の角度があり150キロを記録する。

他にも中京大中京の畔柳亨丞投手を記録し、今年の高橋宏斗投手とは違ったキレの良い球を投げる。他にも、まだ未完成だが夏の154キロを記録した関戸康介投手と150キロを記録した大型左腕の松浦慶斗投手の大阪桐蔭勢もどこまで成長していくのかが計り知れない。

野手ではパワフルな打撃で注目される智弁和歌山・徳丸天晴選手、智弁学園・前川右京選手、大阪桐蔭・池田陵真選手、シャープにスタンドまで運ぶ県岐阜商の阪口楽選手、昌平の吉野創士選手に期待がかかり、阪口楽選手は今年のオリックスドラフト2位の元謙太選手以上に評価されそうで、1位指名が期待される。

高校生

高校生投手

高校生投手は2020年より豊富、北海道には147キロ右腕の旭川実・田中楓基投手がおり、東北も伊藤樹投手、千葉倖生投手などの仙台育英勢がどこまで成長をみせるか。秋季大会で常総学院の秋本璃空投手、大川慈英投手がそれぞれ140キロ後半の速球を見せ、関東第一の市川祐投手も伸びのある球で無失点を続けられる力を持つ。

八王子学園八王子の羽田慎之介投手は191cmの大型左腕で144キロの速球を投げ、来年に向けて150キロ到達すれば一気に1位指名候補に上り詰めそう。まだ球が荒れているが、147キロを記録する左腕の横浜高・金井慎之介投手、静岡高の190cm右腕・高須大雅投手も楽しみ。

愛知に逸材が多い。愛工大名電は中学時代から注目された左腕の田村俊介投手が、享栄には147キロの竹山日向投手と、146キロの菊田翔友投手、肥田優心投手など高速投手がそろう。中京大中京も含めて大いに注目されそうだ。

天理の達孝太投手は193cmから145キロの球を投げており、夏、秋の大会でもエースとしてしっかりと試合を作っている。この投手が体重が90kg近くになり150キロを超えてきたら1位指名の可能性も出てくる。智弁学園お大型右腕・小畠一心投手も145キロ、岡山学芸館の仲村竜投手も145キロで、今年夏はエースとしての投球を見せていた。

今年、山下舜平大投手(福岡大大濠)が飛び出した福岡からは、九州国際大付の柳川大晟投手が188cmから152キロの速球を投げ、急成長をみせるかもしれない。

高校生野手

今年の新型コロナの影響により、夏は3年生のみで戦ったチームも多く、実戦が行えない状況が続いていた。この影響は特に野手に表れ、実戦不足で状態がまだ良くない選手も多いのではないかとみられる。また、例えば通算本塁打という数字は、あまり当てにならない数字ではあるものの、来年の候補は数字が少ないため、逆に過小評価されてしまう原因にもなる。

その中で、県岐阜商の185cmの大型捕手・高木翔斗選手、桐蔭学園の木本圭一選手、東海大相模の大塚瑠晏選手は守備と打撃の評価が高く、来年に大きく評価を上げるかもしれない。

大学生

大学生投手

東北福祉大の椋木蓮投手は最速は153キロを記録しており、短いイニングでは150キロを連発する。先発の経験も十分で、来年、先発でどんなピッチングをするのか、大いに期待される。法政大の三浦銀二投手もリリーフで150キロを超す球を投げていた。2年秋くらいからフォームが崩れ、今年は昨年に比べると良いというピッチングは見られなかった。バランスの良いフォームが復活できるか注目される。中央大の皆川喬涼投手も高校3年から大学1年時は素晴らしい球を投げていたが、昨年はあまり良くなかった。こちらも1年生の頃の球を投げられれば、入江大生投手のような感じで、上位にも入ってくる。

日体大は森博人投手が3年くらいから頭角を現し、4年で大成したが、来年は左腕の鳥谷部慎吾投手が楽しみだ。球速が付いてくれば筑波大の佐藤投手と共に注目されるかもしれない。

2020年は新型コロナによる活動休止中に急成長し、秋に大豊作となったが、来年はどのようになるだろう。

大学生野手

中央大の古賀悠斗捕手は送球の正確さはピカイチで、プロが好みそうな捕手。現時点で守備型の捕手だが、打撃がもっと上がってくると1位の声も大きくなる。遊撃手では関西大の野口智哉選手がフルスイングながら広角に飛ばす打撃が評価される。守備はあまりうまくないが、肩の強さでカバーするところがあり、外野手として評価する所が出てくるかもしれない。

外野手では仙台大の川村友斗選手、慶応大・正木智也選手、駒澤大・鵜飼航丞選手がチームの中心選手として強打を見せている。2020年の五十幡選手、並木選手のような俊足タイプでは、明治大の丸山和郁選手が迫力ある走塁を見せる。守備や打撃でポカを少なくできれば、身体能力を高く評価する球団が出てきそうだ。

投手

社会人投手

今年も候補は多かったと思うが、指名漏れとなった選手が少なくない。セガサミー・森井絃斗投手、Honda・小野大夏投手、Honda鈴鹿・松本竜也投手などは来年が大学4年生世代と同じで、大学生投手との勝負となる。

他にもJR東日本の西田光汰投手、NTT西日本お大江克哉投手、鷺宮製作所の平川裕太投手、日立製作所の青野善行投手などは、これから行われる今年の都市対抗で大きくアピールし、来年もおそらく日本選手権が夏に行われる事になると思うが、この2大会に勝負をかけたい。

来年、指名解禁となる投手ではJFE東日本の大谷輝龍投手を高校時代から評価している。都市対抗で登板して150キロの球を投げてくれば来年の上位クラスに入ってくるだろう。また高校時代に注目されたJR東日本の山田龍聖投手と右腕の河浦圭佑投手、Hondaの米倉貫太投手も、急成長を期待したい。

大学時から注目されていたHonda鈴鹿の八木玲於投手は、大学時から152キロの速球とキレのある変化球は素晴らしく、2位以内に指名されるのではないかとみられる。

三菱重工神戸・高砂の森翔平投手は大学4年時の勢いそのままに、今年も多くのスカウトが視察をしており注目が高い。左から149キロの勢いのある球は十分魅力。TDKの鈴木大貴投手も最速は150キロを記録しており、都市対抗予選で見せた140キロ後半の球は素晴らしかった。

NTT東日本の稲毛田渉投手は153キロの球を投げており、創価大で3羽ガラスと注目された小孫竜二投手も150キロの球はプロ入りした同級生と比較してもそん色はない。帝京大で151キロの速球を投げた三菱自動車倉敷オーシャンズの廣畑敦也投手も、名前が挙がってくるかもしれない。

社会人野手

JR四国の水野達稀選手は丸亀城西時から一発のあるトップバッターとして注目されたが、高卒1年目の都市対抗本戦で1番バッターで登場し、ホームランを放ったバッティングは見事だった。ショートの守備でも肩の強さを見せている。

インコース攻めをされると脇が空く所があるが、良い当たりも見せられる。インコースの速い球をどのように打つのか、また、インコース攻めの中で外側に来たボールをしっかりと逆方向に打ち、その打球がどこまで伸びてくるか。守備でもさらにフットワークを生かしたい。

他にも野手はJR東日本の杉崎成輝選手、JR東日本の菅田大介選手、東芝の谷川刀麻選手、東京ガスの加藤雅樹選手など大学時に注目された選手が多い。しかし社会人野手のドラフト指名の厳しさは続く。2018年の都市対抗で見せた近本選手のように、プロの選手と比較してスバ抜けたものがあればドラフトで上位で指名され、それを見せられれなければ指名は無いという感じになっている。

来年は、佐藤輝明や五十幡亮汰、牧秀悟のような打者が大学生には、来年をチャンスととらえて都市対抗から大きなアピールをしたい。

2021年のドラフト候補
2021年のドラフト候補選手一覧です。ドラフト会議翌日に反映します。 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価サイトもご覧ください。
2021年ドラフト指名予想
 2021年ドラフト指名予想です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント