【ドラフト総決算1】2021年ドラフト会議の指名選手内訳からみる今年の傾向

2021年ドラフトニュース

2021年ドラフト会議の指名選手の内訳を見ます。

スポンサーリンク

2021年ドラフト会議指名選手の内訳

支配下ドラフト指名選手

( )( )は、順に昨年・一昨年の指名人数

 高校大学社会人・独立合計
投手16(12)(15)17(19)(13)10( 9)(10)43(40)(38)
捕手 4( 3)( 4) 3( 3)( 5) 0( 0)( 1) 7( 6)(10)
内野手 5(10)(13) 3( 7)( 2) 3( 1)( 1)11(18)(16)
外野手 5( 5)( 3) 8( 3)( 5) 3( 2)( 2)16(10)(10)
合計30(30)(35)31(32)(25)16(12)(14)77(74)(74)

育成ドラフトの指名人数

( )は、昨年の指名人数

 高校大学社会人独立合計
投手 9(13) 6(14)0(0) 2(3)17(30)
捕手 5( 5) 1( 2)0(0) 2(1) 8( 8)
内野手 4( 1) 1( 1)0(0) 2(2) 7( 4)
外野手 4( 3) 5( 4)0(0) 4(0)13( 7)
合計22(22)13(21)0(0)10(6)45(49)

クラス別分析

高校生は、全体では支配下30人、育成22人と、昨年とまったく同じ人数が指名されている。

その中で、支配下だけを見ると内野手が大きく数を減らしているが、育成では増えており、全体で見ると昨年と同じ程度の人数されている。内野手は、昨年は甲子園などで注目された遊撃手が、高く評価されて支配下で指名されたが、今年は育成での指名が多かった。

大学生は、支配下指名は昨年は32人、今年は31人でほとんど変わらなかったが、育成指名で13人と、昨年から8人減らし、全体では53人から44人に減少した。

大学生投手が支配下&育成を含めて23人で、昨年の33人から数を減らした他、内野手は支配下指名が7人から3人に減った。ただし、一昨年は支配下で2人で、昨年が多かったといえる。逆に大学生外野手が支配下で5人増え、過去3年で最多となった。

今年のドラフト戦線で夏頃から、プロ側が長打力のある野手を探している傾向があり、広島、中日などはそれが顕著だった。ドラフト会議では中日が右の外野手3人を指名し、結果として現れた。

社会人(独立含む)は、全体では16人が指名され、昨年より4人増えているものの、高校生、大学生に依然として差をつけられている。内訳では内野手と外野手合わせて6人と、一昨年、昨年から3人増えた。一方で捕手は2年連続で0人となった。

高校生と即戦力では、高校生が支配下で30人、大学・社会人(独立含む)で47人と、即戦力が多く指名されている。

ポジション別分析

ポジション別では投手が一昨年、昨年から更に増えて43人となり、野手全体の34人を上回った。ただし育成では投手が昨年の30人から17人と減り、野手が19人から28人と大きく増えた。

内野手が一昨年、昨年よりも減らした。大学生は昨年が例年より多かった当たり年だったとも言える。逆に外野手が支配下で昨年より6人増、育成も含めると17人から29人と一気に増えている。

外野手の当たり年といえば、たしかにドラフト1位でブライト健太選手と吉野創士選手が、2位で鵜飼航丞選手、正木智也選手、丸山和郁選手の3人が指名され、そうかもしれないが、どの球団も喉から手が出るほど欲しいという選手が不在で、各球団が補強ポイントの選手を確実に獲得しに行った傾向が伺え、プロ側の外野手不足が起こした減少と見られる。

一昨年に高校生内野手が、昨年に高校生と大学生の内野手が多く指名された事により、外野手が不足したとも見られる。

結論

クラス別では人数は例年よりさほど変わらない。ただし、目玉不在のドラフトとなり、結果として外野手が多く指名されたドラフトとなった。

社会人選手については、まだ指名されてもおかしくないレベルの選手が、投手、野手にいると見られ、育成ドラフトの指名を受け入れるなら、指名される選手は比較的多いのではないかと思う。

今年は社会人の指名が少し増えたため、各チームとも活性化が図れると思うが、指名人数が減れば、戦力ダウンとはならなくとも、チームが活性化しない。育成ドラフトを受け入れ、もっと人が動く形にしても良いと思う。

また、高校生は人数はさほど変わっていないが、今後、少子化の影響で選手が少なくなってくることが予想される。少子化の波はまず高校生から現れ、大学、社会人へと波及していくことは、今後、覚悟しておかなければならない。

2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント