徳島インディゴソックスが新入団選手発表、147キロ右腕・伊藤翔投手、149キロ右腕・関口明大投手など入団

独立リーグドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

四国アイランドリーグの徳島インディゴソックスは、新入団選手11名の発表会を行い。ドラフト1位の147キロ右腕・伊藤翔投手、ドラフト3位の149キロ右腕・関口明大投手などが決意を語った。

徳島インディゴソックス2017年入団選手一覧

順位選手名位置出身年齢身長体重投打背番号
1伊藤翔横芝敬愛17175cm70kg右右14
2久保聖也東洋大22175cm80kg左左25
3関口明大ルーツベースボールアカデミー22181cm86kg右左22
4瀬口拓也日本経済大(中退)22177cm73kg右左7
5大蔵彰人愛知学院大22189cm78kg右右18
6三國和磨木更津総合卒22174cm76kg右右6
7山下舜主BBCスカイホークス18173cm65kg右右12
8伊藤克EMANON.B.B.C戸塚23178cm88kg右右23
9中臺淳志新波23164cm69kg左左47
練習生生田雄也旭川大21180cm78kg右左27
練習生森田球斗白山高18181cm76kg右右56
練習生山賀和磨東亜大23171cm72kg右右0

伊藤投手は最速147キロを投げる投手で「今年中に150キロ以上を出したい」を意気込みを語った。久保選手は長打力のある左打者で「飛ばす力が持ち味」と話した。

関口投手は花咲徳栄時代に147キロの速球を投げ注目された投手。青山学院大に進学していたが休学してルーツベースボールアカデミーで練習を積み球速を149キロまで伸ばして独立リーグに入団した。「力が入った時のストレートには自信がある。」と話した。

瀬口選手は神村学園で甲子園に2度出場、5番など主軸を打った。進学した日本経済大は中退している。遠投110mの強肩と50m6.3秒の足がある。大蔵投手は球速は140キロも角度のある速球で横浜DeNAなどプロ球団も注目していた。

生田捕手はセカンドまでの送球が1.7秒台を記録し、プロのスカウトもかなり高い評価をしていた。プロ志望をしたものの指名漏れとなって自信を無くし、一度は野球を辞める事も決め就職先を探していた。しかし母校の旭川工の監督から説得され、再びプロ入りに向けて動き出した。

徳島インディゴソックスのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント