徳島インディゴソックス監督に元西武の石井貴氏が就任

徳島インディゴソックス, 石井貴

四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスの監督に、元西武の石井貴氏が就任する事が分かった。徳島は今年、BCリーグの信濃を破り独立リーグのチャンピオンとなっている。

ドラフトでも2選手が指名

徳島インディゴソックスは今年、NPBのドラフト会議で西武から3位指名を受けた伊藤翔投手や、中日から育成ドラフト1位指名を受けた大蔵彰人投手などの活躍で、前期のリーグ優勝をし、チャンピオンシップでチャンピオンとなった。そしてBCリーグとのグランドチャンピオンシリーズでは、3勝2敗で激戦の末に勝利し、独立リーグチャンピオンとなった。

その徳島を率いた養父鐵監督が退任する事になり、その後任として石井貴氏が監督に就任する。

四国ILでは愛媛が元巨人の河原純一監督、香川が元広島の西田真二監督、高知が元巨人・横浜の駒田徳広監督となっており、濃い監督が多く、監督同士でも激しい戦いが予想される。

徳島インディゴソックスのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

引退後は西武の1、2軍で投手コーチを6年間務め、13年限りで退団。その後は野球評論家のかたわら、母校・藤嶺藤沢で非常勤コーチとして後輩の指導にあたった。


PAGE TOP