兵庫ブルーサンダーズ・落合秀市投手が1回2K、西武が視察

2020年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 独立リーグドラフトニュース

関西独立リーグの兵庫ブルーサンダーズに所属する、148キロ右腕の落合秀市投手がこの日、初登板を果たした。

スポンサーリンク

1回1安打2奪三振

この日の7回に、独立リーグ初登板をした落合秀市投手は、「あまり良くなかった。直球を簡単にバットに当てられていた」と話すように、2アウトまでは簡単に奪ったものの、2ベースヒットを浴びるとそこから連続四球で満塁のピンチを背負った。

しかし、続くバッターを得意のスライダーで空振り三振を奪い、無失点で抑えた。1回1安打2奪三振、最速は145キロだった。

落合投手は昨年、和歌山東高校で148キロの速球を投げ、ドラフト上位候補として注目された。この日は埼玉西武のスカウトが視察に訪れているが、まずは独立リーグ初登板をし、6月27日の和歌山戦では先発をする予定。「球速より、キレのある真っすぐを放れるように。頑張って実力を上げていきたい」と話し、1年でのプロ入りを目指す。

兵庫ブルーサンダーズのドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
落合1回無失点 スポーツニッポン紙面 2020/6/20

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント