徳島インディゴソックスの150キロ右腕・行木俊投手、3球団視察も危険球退場

2020年ドラフトニュース 独立リーグドラフトニュース

徳島インディゴソックスの150キロ右腕・行木俊投手に、3球団のスカウトが視察をしたが、危険球により退場しアピールすることができなかった。

スポンサーリンク

高校卒2年目で150キロ

行木俊選手はこの日の愛媛戦で先発し、初回は3人で抑えたものの、2回先頭バッターの頭部に死球を与え、危険球で退場となった。「感覚は悪くなかったが、変化球が浮いていた」と話した。

行木投手は横芝敬愛高校出身の181cmの右腕で、高校時代は球速が130キロ台だったがしなやかなフォームで制球も安定している、将来が楽しみな投手だった。昨年に徳島インディゴソックス入りすると、球速を150キロまで伸ばす急成長を見せ、この日は3球団のスカウトが視察するなど注目されている。

この日はアピールができなかったが、今日、明日はリリーフで待機する。横芝敬愛からは伊藤翔投手が卒業後に徳島入りし、1年目の2017年にドラフト3位で埼玉西武に指名されている。急成長している若い右腕投手、ドラフト前にその球威をアピールし、来週のドラフト会議で指名を受けNPB入りしたい。

横芝敬愛高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
徳島インディゴソックスのドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

スタンドにNPBスカウト3球団が視察に訪れる中、初回から直球は149キロを記録。立ち上がりを3人で抑え、順調に滑り出した行木だったが、二回、先頭に中前へ運ばれると、続く愛媛・潤米浩介捕手(22)の頭部に投球が直撃。ぼう然とする行木に主審から退場の宣告がなされ、肩を落としながらマウンドを降りた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント