九州アジアリーグ、火の国サラマンダーズの芦谷汰貴投手が1年でNPB入り目指す

2022年ドラフトニュース 独立リーグドラフトニュース

九州大で最速144キロの速球を投げ、九州国際大などに勝利するなどプロも注目していた左腕・芦谷汰貴投手が、九州アジアリーグの火の国サラマンダーズから1年でNPB入りを目指す。

スポンサーリンク

ドラフト会議から2日後に

芦谷汰貴投手は最速144キロの速球を軸に、変化球もしっかりと使える左腕投手で、大学のリーグ戦では九州大のエースとして九州国際大などを相手に登板、福岡大に勝利するなど実力が確かな左腕投手だった。

ドラフト候補として名前が挙がり、芦谷投手も進路をプロ一本にして指名を待ったものの、ドラフト会議では名前が呼ばれず、翌日は落ち込んだという。

それでも、2日後のリーグ最終戦の九州国際大戦で登板し、リーグ通算3勝目となる勝利を挙げると、「あと1年いけるんじゃないか」と再びNPB入りの意欲が湧き、周囲のアドバイスもあって九州アジアリーグの火の国サラマンダーズに入団することが決定した。

火の国サラマンダーズは、元ソフトバンクの馬原氏が監督を務めるが、入団が決まった時に顔を合わせると、「プロへ支配下で行こう」と言われたという。「現役時代を知っているNPB出身の方のもとで野球をやるのは初めて」と、強い味方がいる中で1年間プレーをする。

そして芦谷選手は独立リーグでプロ入りを目指すのは1年と決めているという。「環境も給料も厳しいことはわかっています。でもやりたいことがやれるのはありがたいこと。楽な道じゃないけど楽しいと思う」と話し、今年1年間を全力で戦う。

昨年は火の国サラマンダーズの石森大誠投手が、中日からドラフト3位で指名を受けた。大学時代も球速は出ていたが、チームで最速155キロ左腕となって夢を叶えた。芦谷投手も続いてゆきたい。馬原監督の指導で球速がどこまで上がるか注目したい。

火の国サラマンダーズのドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-独立リーグ・海外投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

NPB、九州から再挑戦 ー西日本スポーツ紙面

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント