九国大付の146キロ左腕・山本大揮投手が九州産業大へ、4年後のプロ入り目指す

2025年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

昨年、九州国際大付のエースとして146キロの速球と、巧みに変化球を使う投球を見せたエース・山本大揮投手が、九州産業大に進むことがわかった。4年後のプロ入りを目指す。

スポンサーリンク

指名されず

九州国際大付は、184cm86kgの左腕・山本大揮投手と、191cm85kgの柳川大晟投手の二人が注目されたが、柳川投手が実戦で結果を出せない中で、山本投手が146キロの速球と変化球をコントロールしてなげ、エースとして力を見せていた。

二人はプロ志望届を提出し、ドラフト会議で指名を待ったものの、指名されたのは柳川投手の方(北海道日本ハム育成3位)で、山本投手は指名されず、「もっと頑張らないといけない」と気持ちを入れ替えた。

その山本投手は、関東の大学からも誘いがあったというが、九州産業大に進学することを決めた。大久保監督から「九州の選手は九州に恩返ししなくてはいけないよ」と言われ、九州からプロ入りを目指すことを決めたという。

九州国際大付は、山本投手の後輩たちが秋に明治神宮大会に出場し、山本投手も打撃投手としてチームに同行し、大会ではスタンドで応援していたという。「広く感じました。後輩もマウンドのことを教えてくれて、ここで投げたいと思った」と話す。大学野球で神宮球場は聖地、山本投手は甲子園で登板することはできなかったが、大学ではこの神宮で全国の舞台を踏みたい。

九州産業大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年のドラフト会議、主な指名漏れ選手
2021年のドラフト会議が終了しました。主な指名漏れ選手をまとめます。

NPB 九州から再挑戦 ー西日本スポーツ紙面

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント