石川ミリオンスターズの148キロ右腕・石本光紀投手が2安打9奪三振1失点で完投勝利

2022年ドラフトニュース 独立リーグドラフトニュース

日本海オセアンリーグでは、石川ミリオンスターズの石本光紀投手が9回2安打9奪三振1失点の好投を見せた。

スポンサーリンク

プロを目指して独立リーグに

石本光紀投手は最速148キロの速球を投げる右腕投手で、日本福祉大を卒業した昨年は西濃運輸に進み、都市対抗出場にも貢献していた。

しかし、「一度きりの人生なので、後悔することなく、自分の夢を追いかけたい。甘えない様に自分を追い込んで、厳しい世界に来ました」と話し、1年で退社して独立リーグの石川ミリオンスターズに入団した。

この日、石川市民球場での開幕戦で富山を相手に先発すると、力強いストレートを投げて9回をわずか2安打、9つの三振を奪う力投で1失点完投勝利を挙げた。「自分の持ち味は粘り強い投球です。先発の柱として、負けない投球をしていきたい」と話した。

試合では選手兼任監督のもとオリックス・後藤光尊選手が7番サードで出場、2打数ノーヒットだったが、「若い選手のアピールの場を奪ってまで試合に出る訳ですから、その責任を背負ってプレーしている」と話した。

またこの日は斎藤佑樹氏が始球式を務め、独立リーグの選手について「すごくレベルの高い選手が多い。技術的、体力的にもNPBで活躍できる選手はたくさんいるんだろうなという印象を持っています」と話した。

2022年度-独立リーグ・海外投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
日本海オセアンリーグ・石川ミリオンスターズが今季初勝利 斎藤佑樹氏は人生初の始球式
 石川ミリオンスターズのホーム開幕戦が9日、金沢市民球場で行われ、6-1で富山GRNサンダーバーズに快勝した。試合前には、ゲストの斎藤佑樹氏(33)が始球式を行い、スタジアムを盛り上げた。斎藤氏は「始

徳島県出身で、日本福祉大を卒業後は西濃運輸に入社。都市対抗野球出場にも貢献したが「一度きりの人生なので、後悔することなく、自分の夢を追いかけたい。甘えない様に自分を追い込んで、厳しい世界に来ました」とNPB入りを目指して、独立リーグへの道を選んだ。石本は「自分の持ち味は粘り強い投球です。先発の柱として、負けない投球をしていきたい」と意気込む。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント