横浜DeNAベイスターズの2013年ドラフト指名予想

ドラフト指名予想 横浜DeNAドラフトニュース

 2013年、横浜DeNAベイスターズのドラフト指名方針の予想をしてみる。

層の薄いポジション

 チーム構成表を見ると、まず目に付くのは先発左腕投手。5人しかおらず実績があるのは藤井投手のみ。福岡ソフトバンクから移籍した神内投手が先発ができたとしてもまだまだ実績は少ない。

 次に目に付くのはリリーフ投手。山口投手が安定してきたが、そろそろFA移籍という事を意識しなければならなくなってきた。外国人投手などで補強しているが、やはり日本人のリリーフが欲しい。他には育成枠の冨田康祐投手とルーキーの三嶋一輝投手だが、三嶋投手はできれば先発として使いたい。2013年はリリーフ投手の指名が予想される。

 最後にスラッガータイプの選手。吉村選手が移籍しベテランの多村選手が入団した。白崎浩之選手、宮崎敏郎選手、赤堀大智選手と野手の補強が目立ったが、筒香嘉智選手を刺激するためにも若手のスラッガータイプが欲しい。

 

層が厚いポジション

 逆に層が厚いポジションとしては、若い黒羽根、高城に鶴岡が競う捕手、また桑原、渡邊に白崎、松井、宮崎と2年で5人を補強した内野手は指名は後回しになると見られる。

 

候補は?

 まず左腕投手ならばやはり地元・桐光学園の松井裕樹投手。先発左腕として十分活躍が期待できるし、なんと言っても地元のスターで指名をしないわけにはいかないだろう。また、同じく地元・横浜商大の岩貞祐太投手、西宮悠介投手が挙げられる。他球団も狙う左腕候補だが、二人の内どちらかの指名はありそうだ。

 リリーフでは今年のルーキーである井納翔一投手、安部建輝投手のどちらかが先発で活躍すれば、三嶋投手をリリーフにして先発の九共大・大瀬良大地投手を狙いたいが、三嶋投手が先発をする時には、青学大・斎藤英輔投手を狙いたい。

 スラッガータイプでは仙台育英・上林誠知選手、PL学園・前野幹博選手、地元東海大相模の遠藤裕也選手、京都翔英・榎本和輝選手、それに捕手ではあるが花咲徳栄・若月健矢選手、聖光学院・園部聡選手などのうち、1人は指名があるのではないかと思う。

 

ドラフト1位は?

 補強ポジションから言っても、地元としても、ヒーロー性でも、やはり桐光学園・松井裕樹投手が最有力だろう。外れ1位で横浜商大の二人や青学大・斎藤投手、または高校生スラッガーの指名となりそうだ。

 

横浜ベイスターズドラフトメインページを更新しました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント