逆転のENEOSが横浜DeNA2軍を下して優勝、神奈川野球交流戦

社会人野球ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 神奈川県の大学、社会人、そして横浜DeNA2軍がトーナメントで争った神奈川野球交流戦は決勝が行われ、JX-ENEOSが横浜DeNA2軍に8-5で勝利した。都市対抗で3試合に逆転勝利したENEOSがこの試合でも逆転で勝利した。

逆転のENEOS

 JX-ENEOSは昨年まで都市対抗を2連覇し王者ENEOSとして社会人野球に君臨していた。そして3連覇を狙った今年の都市対抗野球、優勝は逃したものの、初戦のJR東海戦は8回に4点を奪って5-4で勝利すると、ホンダ鈴鹿戦も8回に2点を奪って4-3で勝利、JR東日本戦も7回に3点を奪い4-3で勝利と、「逆転のENEOS」という新たな称号を得た。

 そしてこの日も、序盤に横浜DeNAに2-4とリードされたが、1点ずつ奪って6回に4-4と追いついた。その裏に1点を勝ち越されたものの、8回に加賀美希昇投手から四球と4本のヒットを絡めて4点を奪い、驚異的な「逆転のENEOS」ぶりを発揮した。

 

ドラフト候補は

 JX-ENEOSでドラフト候補に挙がるのは、昨年の都市対抗で3本塁打を記録し若獅子賞を獲得した石川駿選手や、故障をしていたものの慶応高校、慶応大で主将を務めた山崎錬選手、桐蔭学園出身5年目の田畑秀也選手や、同じく桐蔭出身の7年目で、社会人屈指の打撃を見せる井領雅貴選手などがいる。

 投手でも尾田佳寛投手や小室正人投手なども候補として名前が挙がる。横浜DeNAは昨年のドラフト4位で獲得したJX-ENEOS出身の三上朋也投手が抑えのエースとして、安定したピッチングを続けており、社会人王者の力をプロ野球でも見せた。

 横浜DeNAは第2の三上投手、そして三上投手のお礼でJX-ENEOS戦士の指名があるかも。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント