横浜DeNAのドラフトの狙い(2018)

青島凌也, 松本航, 万波中正, 野村大樹, 齋藤友貴哉, 小園海斗, 藤原恭大, 吉川峻平, 根尾昂, 森下翔太, 野村佑希, 太田椋

2018年度の12球団のドラフトの動きを予想。今日は横浜DeNA編。

ソフトバンク広島カープ埼玉西武阪神東北楽天

横浜DeNA

〇タイプ:上位即戦力型
〇監督:野手出身、バランス・総合力重視
〇決定者:高田繁GM
〇補強ポイント:主軸打者、長距離砲(左・右)、先発投手(右)、若手内野手、若手捕手
〇近況:日体大や東海大などに年始の挨拶、また横浜高校にも訪れ、万波選手などを視察。

横浜DeNAは、2012年以降に井納翔一、宮崎敏郎、三上朋也、砂田毅樹、山崎康晃、石田健大、倉本寿彦、今永昇太、戸柱恭孝と、ドラフトで指名した選手が1年で2人は1軍で活躍する選手が出てくる状態となり、2016年の指名選手でも濱口遥大投手が10勝を挙げた他、細川成也選手も1軍で衝撃的なデビューを見せた。以前からドラフト下位指名の選手が活躍する土壌がある。

ラミレス監督はチーム全体の戦力を見て、個々の選手のモチベーションを高め選手の能力を引き出すタイプではっきりとした方針は示していないが、やや野手中心のチーム作りを感じさせる。しかしフロントに対して補強ポイントの獲得を強く要望するようなことはなく、フロントと対話し補強はフロントに任せている。獲得した外国人も結果がなかなか出せなくても我慢強く器用するなど、忍耐力もあるし、若手の野手や控えとなった捕手も起用してモチベーションを低下させない配慮が見られる。

フロントは高田GMを中心にスカウトがしっかりと選手を評価して指名できている。その中で2017年は、清宮、安田といったポスト筒香となりそうな将来の主軸候補となる選手がいたものの、優勝まであと一歩ということろで、優勝のパーツになる選手の獲得を優先した。

チーム状況としては、筒香選手、ロペス選手、宮崎選手のクリーンナップは不動の状況になった。しかしソフトバンクとの日本シリーズでは、内野の守備、そして外野手の選手の数など、選手の層に差があることを認識させた。1,2番の桑原、梶谷、柴田が打撃の調子に波があり、9番バッターのショートの倉本選手も試合出場を続けるが、守備ではより高いものを求められている。またDHでは白崎選手がホームランを放つなどしたものの、高校卒ルーキーの細川選手も起用されるなど、乙坂選手も含めて、打撃だけでもレギュラーとそん色のないくらいの期待できるバッターが欲しい。

そこでFAで大和選手を獲得し、打線では1,2番を、守備でもセカンドやショートで起用できる他、細川成也選手、乙坂選手の成長も期待され、さらに外国人選手や神里選手などルーキーも加えた。野手では3,4,5番以外はポジション争いの状態が続いているが、もう少し打撃だけでも期待できるような選手が必要だろう。

またファームでは野手の層が非常に少ない。山崎、松本、下園といった選手がチームを離れ、青柳、狩野、網谷、亀井などの選手も伸び悩んでいる。今年はこだわって選手を獲得する必要がある。

捕手は戸柱選手、嶺井選手、高城選手が持ち味を発揮し3人態勢で回している。それぞれにもう少し打撃の向上や守備力の向上を期待したいが、まだ年齢も若い捕手陣で、1軍の捕手はこの3人で固定されるだろう。しかし、ファームでは捕手の数が少なく、山本祐大選手を獲得したものの、今年も若い捕手の指名がありそうだ。

 

投手では井納投手、ウィーランド投手、石田投手、今永投手、そして濱口遥大投手と先発が回せるようになった。飯塚投手、綾部投手、熊原投手も経験を積ませている所で、1軍を掴めるところまでもう一つ。ただし濱口投手やウィーランド投手は2年目となり他球団の研究も進むだろうし、石田選手のように調子を落とす事もある。特に右でエース格となりそうな投手を獲得したい。

リリーフは須田、田中投手が昨年は一昨年ほどの安定感は見せられなかった。しかしパットン投手が活躍をし、山崎投手は今年もしっかりと結果を残し、リーグを代表するリリーフとなった。2017年ドラフトでも齋藤俊介投手、寺田光輝投手を獲得し、念を入れている。それでもリリーフ陣は疲労もたまりやすく常に新戦力を補強したいところでもある。

ドラフト候補は

昨年のドラフトでは優勝するための戦力にこだわったため、それで優勝争いにさらに近づいた場合と、逆に成績を残せなかった場合で、指名の状況は変わってくるかもしれない。

それでもチームではファームの若手野手が捕手、内野手、外野手共に少なく、やはり報徳学園の小園海斗選手、天理・太田椋選手、大阪桐蔭の根尾昂選手、藤原恭大選手は非常に魅力的だろう。また捕手でポスト筒香として花咲徳栄の野村佑希選手、東海大相模の森下翔太選手、現在は苦労をしているが横浜の万波中正選手などを獲得したいし、捕手か内野手かはわからないが野村大樹選手も、ポスト宮崎を狙える選手になりそうだ。

投手では米倉貫太投手や柿木蓮投手などの若い右腕も欲しいが、東海大・青島凌也投手、日体大・松本航投手、Honda・齋藤友貴哉投手、パナソニック・吉川峻平投手などの即戦力右腕が充実しており、先発ローテーション入りが期待できる右腕を獲得したい。

チームがリーグ優勝まで本当にあと少しという事であれば、その状況で優先度も変わってくるが、基本的には高校生野手と即戦力右腕投手の指名が多くなりそうだ。

横浜DeNAベイスターズのドラフト会議


PAGE TOP