巨人1位指名は即戦力投手、西日本工大・隅田、三菱自動車倉敷・廣畑、関西国際大・翁田が候補

2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

巨人はドラフト1位指名で即戦力投手を指名する事が有力となり、西日本工業大・隅田知一郎投手、三菱自動車倉敷オーシャンズ・廣畑敦也投手、関西国際大・翁田大勢投手が有力となったことがわかった。

スポンサーリンク

即戦力投手指名

巨人は今年、先発投手が手薄となり優勝を逃した経緯があり、ドラフト1位、2位では投手を指名する方針を公表していた。

高校生右腕投手もドラフト1位候補とし、これまで高校生か即戦力かは明言してこなかったが、現場から即戦力投手獲得の要望があり、ドラフト1位は即戦力投手の指名となる模様。

候補としてスポーツ報知では、西日本工業大・隅田知一郎投手、三菱自動車倉敷オーシャンズ・廣畑敦也投手、関西国際大・翁田大勢投手の名があがり、隅田投手は埼玉西武が1位指名を公表しており、指名した場合は抽選となる。他にも隅田投手への指名が競合する可能性もあり、指名を回避する形で廣畑投手を指名する可能性もある。

また、これまでドラフト上位候補に名前が挙がっていなかった、西国際大・翁田大勢投手の名前も挙がった。制球に課題があるものの、最速157キロの速球を投げる投手で、現在外国人投手が担っているリリーフの候補となる。巨人は2位でも投手を指名することを公表しており、2位では翁田投手、または水のスカウト部長が高く評価する北山亘基投手なども候補となりそうだ。

【巨人】1位指名は即戦力投手 最有力は西日本工大の隅田 関西国際大の翁田、三菱自動車倉敷の広畑らも候補
 巨人が11日の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」で、即戦力投手を1位指名する可能性が高いことが10日、分かった。西日本工大の最速150キロ左腕・隅田知一郎(ちひろ)投手
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント