佐世保工の190cm左腕・西川顕人に巨人、横浜DeNAなど6球団が注目!

高校野球ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 佐世保工業の西川顕人投手が島原中央との試合で7回から登板し、最速は134kmだが2イニングで3三振を奪いノーヒットに抑えた。

 西川投手は190cmの大型左腕投手でこの日も巨人、横浜DeNAなど6球団のスカウトが集まり、DeNA・稲嶺スカウトは「体ができた時が楽しみ。国吉(佑樹)みたいに化けてくれたら」とコメントしている。

 育成枠で獲得した国吉投手が将来のエースと評価されるようになり、同じようにハーフで長身の西川投手は左の国吉と期待されている。ドラフトでは育成枠で指名されるかどうかという所だろうが、楽しみな投手だ。

プロ注目190センチ左腕!佐世保工・西川、無失点救援…長崎大会 - スポーツ報知:2012/07/11

 佐世保工のプロ注目の190センチ左腕・西川顕人(3年)が7回から救援。巨人など6球団のスカウトが見守る中、2回を無安打無失点に抑え、9―2で島原中央を下した。最速は134キロながら、キレのある直球で3三振を奪い「打たれる気がしなかった」と胸を張った。母が米国人で日本人離れした体格に、DeNA・稲嶺スカウトは「体ができた時が楽しみ。(DeNAの)国吉みたいに化けてくれたら」と期待した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント