花巻東・大谷翔平選手、明日会見へ!

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 プロ野球かメジャーリーグに進むことを決めた花巻東・大谷翔平選手は、18日に会見を開きプロ入りの意思を表明する。19日にはプロ志望届けを提出し、メジャーリーグ、プロ球団との面談に入ることとなる。

 ちなみに2009年のドラフトで同じく花巻東で注目選手となり、ドラフトでは6球団が1位指名で重複した埼玉西武・菊地雄星投手も最初はメジャー志望の意思を示していた。10月6日にプロ志望届け提出したあと、10月16日、17日に国内のプロ8球団と面談を行い国内球団へ進路を決めた。長野久義選手の1位指名を決めていた巨人も面談に望んでいる。

 大谷翔平投手には北海道日本ハム、福岡ソフトバンク、横浜DeNA、東京ヤクルト、埼玉西武、東北楽天、広島、千葉ロッテなどが上位候補にリストアップしており、また、藤浪晋太郎投手の指名が濃厚だが1年生の時から大谷投手をマークしていた阪神、菅野智之投手の指名を決めている巨人なども面談をする可能性がある。

 菊地投手の時よりも日程に余裕がありそうだが、メジャーリーグも含め多くの球団と面談し、投手としてプレーが続けられる球団を絞っていく。

 プロ入りの意思は、大谷の父・徹さん(50)を通じて学校側に伝えられた。獲得に名乗りを上げていた社会人5社、大学4校には佐々木洋監督(37)が断りを入れたという。打っても高校通算56本塁打。18U世界野球選手権では、高校日本代表の4番を務めるなど投打に超高校級の実力を誇るが、本人は投手一本で勝負することにこだわっている。

 

 連休明けの18日にプロ志望届に記入し、翌19日に提出する予定。ドジャースなどメジャー6球団からも獲得オファーが届いており、「メジャーに行くという選択肢も、まだ残っています」と同校関係者。3年前のOB、菊池雄星(現西武)の時と同じように、日米20球団近くによる大争奪戦が繰り広げられる可能性も出てきた。

花巻東・大谷、明日会見 - 日刊スポーツ紙面:2012/09/17

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 大谷くん是非とも東京ヤクルトスワローズへ来てくれ!