横浜DeNA、東北楽天、千葉ロッテ、北海道日本ハムは大谷翔平投手の決断を静かに待つ

大谷翔平, 花巻東

 国内か海外か、決断の時が迫る花巻東・大谷翔平投手について、スポーツ報知は昨日同様、国内プロを表明するとしており、表明については当初週明けとしていたが、プロ球団が決断を待っている事から明日21日にも行う方針であること報じた。

 大谷投手は周囲の説得を聞いて国内を決断するというスポーツ報知に対し、日刊スポーツはメジャー表明の立ち位置を取る。昨日の段階で日刊スポーツは週明け前に表明するという情報を得ていたっぽく、メジャー決断についても何か情報を得ているのではないかとも思う。

 大谷投手の決断についてプロ側は静観している。日刊スポーツでは大谷投手に横浜DeNA、東北楽天、北海道日本ハム、埼玉西武、福岡ソフトバンクが興味を示しているとしており、横浜DeNAは武居スカウトが大谷投手の決断について「まだ、決まっていない、と聞いている」としているが、メジャー挑戦を表明した時は強行指名はしないことを明言した。

 東北楽天も担当の上岡スカウトは「決断した時には佐々木監督から連絡が来ることになっている。まだ連絡が無いので進展はしていないと思っています。」と話すと、北海道日本ハムの山田GMも「近いうちに発表があるんじゃないか」と話し、アメリカを決断した場合でも「うちは関係ない」と既に大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手、亜大・東浜巨投手もリストアップしており、その場合の対応も既に終わっているようだ。

 千葉ロッテも林球団社長が「18歳の男の子が考えた決断を尊重したい」と話し、メジャー決断の場合には強行指名をしない事を明言した。

 明日にも行われるとみられる大谷翔平投手の決断、国内球団は意外と言っていいのか落ち着いてみており、大谷投手と面談をしてアメリカ行きの強い思いは変わらないとあきらめムードなのだろうか。

 160kmを記録し、50本を越えるホームランを放った怪物が日本のプロ野球でプレーしないという事に、重大さを感じないのだろうか。これが引き金になって今後も直接メジャーに行く選手が増えるだろう。今年は藤浪投手や、東浜投手がいるから、というものではないと思うが。

 

  • 高校生右腕のドラフト候補選手一覧!
  • ドラフト上位候補、指名重複マトリクス
  •  

     今秋ドラフトの目玉で、メジャー挑戦を断念しての日本球界入りが確実な花巻東(岩手)の160キロ右腕・大谷翔平(3年)が、21日にも進路を正式表明する。関係者によると、20日に同校の佐々木洋監督、両親を交えて話し合った末に最終結論を出し、翌21日に発表する予定。当初は週明けとされていたが、25日のドラフト会議まで残り1週間を切っている状況もあり、1日でも早く決断を表明することになった。

     

     大谷は現在もメジャー入りの憧れを持っているものの、家族の負担や帰国後3年間はNPB入りができないことなどを考慮。周囲の説得に応じて、断念するとみられる。19日の大谷は、岩手・花巻市内の同校グラウンドに姿を現さなかった。

    DeNAら国内球団、大谷の決断待ち - サンケイスポーツ:2012/10/20

     ドラフト会議(25日)の超目玉で国内かメジャーかで去就が注目される最速160キロを誇る花巻東高の右腕・大谷翔平(18)が22日にも結論を表明することが19日、分かった。

     

     国内球団も大谷の決断を待っている。DeNA・武居スカウトは、「まだ、決まっていない、と聞いている」と暗中模索の状態。また、楽天・早川スカウトアドバイザーは「23日に東浜投手(亜大)の試合を見た後にミーティングとなります。そこまでに大谷君の方向性も見えるはず」とした。他球団もリストアップしたまま、情報収集を続ける。

    大谷の決断、横浜DeNA強行せず - 日刊スポーツ紙面:2012/10/20

     


PAGE TOP