福良監督に続投を要請、オリックスのドラフトは?

オリックスの福良監督は、チーム編成についても現場の意見をしっかりと言う監督で、ドラフト会議での指名にも影響力がある。その福良監督にフロントが来年も続投を要請していたことが分かった。

投手路線

福良監督は2015年に、森脇監督の休養を受けて代行で監督に就任すると、2016年からは正式に監督に就任した。2016年は6位、昨年も4位に終わり、宮内オーナーから苦言を呈されることもあった。そして3年目の今年も現在は3位から離され4位となっている。

しかし球団は現在の状況について、ロメロ、T-岡田、中島、小谷野と主力打者や、金子、アルバース、田嶋、ディクソンといったローテーション投手が離脱するなど、選手の故障が原因による低迷と分析し、福良監督については、吉田選手、山本投手などを主力にした手腕を評価しているという。

吉田選手を1位で指名した2015年のドラフトでは、福良監督は就任してすぐだったこともあるが、フロント主導で打者を1位で指名したことについて、投手を獲得してほしかったと不満を口にしていた。そして2016年には、球団は当初、田中正義投手などを競合覚悟で指名する考えだったようだが、ドラフト直前のスカウト会議で福良監督が、確実に獲得できる投手を強く要望し、山岡泰輔投手の単独1位指名という形となった。

昨年は大きくは報道されていないが、即戦力の左腕投手の獲得を要望し、社会人NO.1左腕の田嶋大樹投手を獲得し、2016年、2017年はドラフト1位2位をすべて即戦力投手で固めた。また遊撃手の補強を要請し、3位で福田周平選手も獲得している。

今年は

球団の続投要請に対して返事を保留しているようで、まだ未定だが、今年のドラフトではどうなるか。上位を即戦力で固めているため、4位以降は高校生投手を指名してバランスをとっているが、湊球団社長は以前より「われわれは長期のスパンで考えている」と話しており、今年はドラフト1位で小園海斗選手、藤原恭大選手、根尾昂選手を指名するかもしれない。福良監督もある程度即戦力として評価し、納得するかもしれない。

しかし、まだ投手が足りないと判断すれば甲斐野央投手、梅津晃大投手、上茶谷大河投手を1位指名し、2位以降で近本光司選手や太田椋選手を狙ってくるかもしれない。

福良監督は続投要請を保留し、ある程度フロントにものが言える関係を築き、球団の補強についても意見できる形にしたいという思いもあるのだろう。もし複数年の契約を確約できれば、1位では将来性ある高校生の指名となるかもしれず、まずは福良監督がどのように続投を受けるかを注目したい。

オリックスバファローズのドラフト会議

湊球団社長は以前より「われわれは長期のスパンで考えている」と話しており、順位だけで判断するつもりはない。今季はシーズン序盤からロメロ、T-岡田、中島、小谷野と主力打者が故障。終盤には金子、アルバース、田嶋、ディクソンと4人の先発ローテ投手の離脱が低迷要因と分析した。
高卒2年目の山本をセットアッパーに抜てきするなど投手力を整備。リーグ屈指の投手陣へと作り上げた手腕を高く評価している。野手も3年目の吉田正を主力打者に育て上げたのをはじめ、ルーキー福田、大城らを適所で起用するなど着実にチーム力アップに導いてきたと判断した。


PAGE TOP