オリックス、ドラフト1位候補に東洋大・藤岡貴裕投手、東海大甲府・高橋周平をリストアップ

高校野球ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

オリックスがスカウト会議を開き、ドラフト1位候補として、東洋大・藤岡貴裕投手と東海大甲府・高橋周平選手をリストアップしたと、日刊スポーツが報じている。

オリックスはこれまで左腕投手を中心に候補をリストアップしており、これまでも東洋大・藤岡貴裕投手や太成学院大高の今村信貴投手、樟南・戸田隆矢投手などの名前が挙がっていたが、T-岡田選手が成績不振から2軍へ行ったり、ここへ来て打線の弱さにより敗れるケースも見られ、昨年の後藤駿太などと主軸を組める高橋周平選手を1位でリストアップしたものと考えられる。

仮に高橋選手を1位指名し獲得できれば、2位では太成学院高・今村信貴投手やJX-ENEOSの大城基志投手、近大・中後悠平投手などが指名されるものと思われる。

1位指名の最終決定は当日に決定される模様だ。

  •  - ” target=”_blank”>にて

  • スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

    コメント