広島、緒方監督と鈴木球団本部長がドラフト前日スカウト会議を欠席も

広島はクライマックスシリーズが2戦連続雨天中止になったことを受け、25日に都内で行う予定のスカウト会議に、緒方監督、鈴木球団本部長が欠席する可能性が出てきた。

松田オーナーなどで最終協議

鈴木球団本部長は「前日に出席しないのは初めて。監督もそう」と話し、ドラフト前日のスカウト会議に欠席する可能性を示した。

その場合には、前日のスカウト会議で松田オーナー、苑田スカウト統括部長などで最終指名選手を決定し、ドラフト当日の直前のスカウト会議で緒方監督などに説明をする。

広島はドラフト1位で広陵・中村奨成選手の1位指名を決定しており、1位指名については問題はない。基本的にはフロント主導で指名選手が決定されているとみられ、外れ1位、2位以下の指名もそれほど影響はなさそうだ。

広島カープのドラフト会議

25日までファイナルSの予備日で試合が行われる場合は緒方監督と鈴木清明球団本部長が欠席。同本部長は「前日に出席しないのは初めて。監督もそう」と話し、その場合は松田元オーナーや苑田聡彦スカウト統括部長らで最終協議する。1位は広陵・中村を指名することを公表している。


PAGE TOP