中日、育成ドラフトで龍谷大・石田健人マルク投手など候補に

龍谷大, 石田健人マルク

中日は今年のドラフト会議でも育成ドラフトで選手を指名する方針であることを明らかにし、龍谷大・石田健人マルク投手などをリストアップしていることが分かった。

5年連続指名

中日は2013年から育成ドラフトで選手を指名しており、2015年に育成ドラフトで指名した三ツ間卓也灯油が、今年プロ初勝利を挙げた。

西山球団代表は「育成を取る可能性はある。支配下は例年通りの人数になる。それ以外でいい選手がいたら」と話し、本ドラフトでは5,6人を指名し、それ以外の選手を育成ドラフトで指名していく。

今年の育成ドラフトの指名候補としては、東邦高校出身で龍谷大の147キロ右腕・石田健人マルク投手が挙げられており、例年育成ドラフトで指名をしている四国ILやBCリーグなど独立リーグの選手の指名もありそうだ。

中日ドラゴンズ、過去のドラフト指名一覧
2017年度-独立リーグ・海外のドラフト候補リスト

西山球団代表は「育成を取る可能性はある。支配下は例年通りの人数(5~6人)になる。それ以外でいい選手がいたら」と明かした。東邦(愛知)出身で最速147キロ右腕の龍谷大・石田健人マルク投手(4年)らが候補に挙がっている。
今季、育成出身の三ツ間がプロ初勝利を挙げた。さらに16年育成ドラフトで入団した木下雄が結果を残し、支配下に向けアピール中。5年連続Bクラスのチームの底上げへ、逸材の確保に動く。


PAGE TOP